ども、映画好きな四十郎のおっさん999でございます。

今回は、SFアクション映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』のネタバレなし感想を書いていきたいと思います。

本作が劇場で公開されていた当時、嫌な予感がした私は、映画館での鑑賞をスルーいたしました。

今回は、ディズニープラスでの視聴でございます。




『ターミネーター:ニュー・フェイト』について

原題:『TERMINATOR:DARK FATE』

製作:2019年アメリカ

日本公開日:2019年11月8日公開

上映時間:2時間9分

オススメ度:★★☆☆☆(二つ星)




予告編動画





簡単なあらすじ

2020年のメキシコ。

工場で勤務している女性ダニーは、弟のディエゴとともに、いつものように仕事場に出勤していた。

そこに、ふたりの父親が姿を現すのだが、どうも様子がおかしい。

ディエゴと話していた父親は、ダニーを見かけた瞬間、表情が険しくなる。

その時、工場に侵入していたグレースが父親を襲撃。

父親は偽物で、謎の存在である<Rev-9>であると判明するのだった。

ダニーとディエゴは、グレースに連れられ工場を後にするのだが……。




本作を視聴できる動画配信サービス

U-NEXT『ターミネーター:ニュー・フェイト』

会員の方でも、追加料金が必要となります。

配信期限がありますので、視聴の際は注意してください。

本ページの情報は2022年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。






動画レンタル、動画購入にて視聴可能です。

配信期限がありますので、ご注意ください。

2022年6月時点の情報です。最新情報につきましては、Amazonにてご確認ください。




dTV

会員の方は、動画レンタルにて視聴可能。

配信期限がありますので、ご注意ください。

2022年6月時点の情報です。最新情報につきましては、dTVにてご確認ください。




スタッフ

監督:ティム・ミラー

原作:ジェームズ・キャメロン、ゲイル・アン・ハード

原案:ジェームズ・キャメロン、ジャスティン・ロードス、ジョシュ・フリードマン、デヴィッド・S・ゴイヤー、チャールズ・H・イグリー

脚本:デヴィッド・S・ゴイヤー、ビリー・レイ、ジャスティン・ロードス

製作:ジェームズ・キャメロン、デヴィッド・エリソン




キャラクター:キャスト(日本語吹き替え版声優)

ダニー・ラモス:ナタリア・レイエス(高垣彩陽)

グレース:マッケンジー・デイヴィス(坂本真綾)

サラ・コナー: リンダ・ハミルトン(戸田恵子)

T-800:アーノルド・シュワルツェネッガー(玄田哲章)

Rev-9:ガブリエル・ルナ(小松史法)







おっさんのネタバレなし感想

頭を空っぽにして楽しむ映画

『ターミネーター』シリーズは、もともと、深く考えないで楽しむタイプのアクション映画でした。

『ターミネーター3』以降は、タイムパラドックス要素も絡んでくるので、余計に頭からっぽで楽しむ映画になっている感じ。

本作も、何も考えないで、目の前に出される映像を楽しむタイプの映画に仕上がっていました。

ただ、ストーリー的には、『ターミネーター3』と同じくらいに、つまらないものになっていて残念でした。

アクションシーンについては、割と派手めなので、そこは楽しめるかな?




1作目2作目の劣化コピーにして全否定のひどい映画

本作は、1作目2作目3作目を、足して2で割ったような映画になっています。

そのタイプの作品だと、本作の前に『ターミネーター:新起動/ジェニシス』がありました。

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』は、ストーリーについて、個人的には結構好きなんですよね。

とても上手にこれまでのストーリーをミックスして、新しいものを生み出そうと試行錯誤している感じがあって、私は好きな映画です、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』。




ところが、本作は、お世辞にも上手くミックスしているとは言えず、ミックスできなかったからか、シリーズの全否定をしてしまう始末。

今までの作品をコピーしただけならまだしも、さらに否定までするとは、脚本を執筆した人は、一体なにを考えているのでしょうか。




本作のストーリーは、そもそも『ターミネーター』シリーズである必要性も必然性もないため、余計にシリーズ全否定の姿勢が許せない。

これだったら、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』の続編を作った方が、よっぽど良かったのでは?

兎にも角にも、映画館に足を運ばなくて良かったと思ってしまった映画です。




疑問に囚われたら全く楽しめない映画

本作は、今までの作品とは比べ物にならないくらい、「???」となる部分が多くあります。

タイムパラドックス関係から、キャラクターの人物像、ストーリー的なところなど、ツッコミ始めたら、疑問に思い始めたら、ドツボにはまるので注意が必要です。

特に、考察的に映画を鑑賞するタイプの方は、最初から「えぇ……」と絶望すること間違いなしな感じになっています。

本作は、何かに引っかかっても、そのままスルーしないと、全く楽しめない映画。

スルーしても、それなりにしか楽しめない映画でもあり、本当にオススメできない作品といったところですね。

これから本作を鑑賞する方は、基本的には頭を空っぽにして、すべての疑問を素通りするように観ることをオススメいたします。




Yahoo!映画での口コミレビューや評価

ヤフー映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』でレビューや評価をチェック!



今回のネタバレなし感想のまとめ

期待していなかったにも関わらず、それを下回ってきたのには驚きました。

本作は、今後の展望について、三部作を製作するみたいですが、果たして続編は面白くなるのでしょうか。

これだったら、やっぱり『ターミネーター:新起動/ジェニシス』か、『ターミネーター4』の続編を作ってくれた方が、まだテンションあがります……。




という事で、今回は『ターミネーター:ニュー・フェイト』のネタバレなし感想でした。

そんな訳で、今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

映画好きな四十郎のおっさん999でした。

それでは、しーゆー!




DVD・Blu-ray







この記事をお読みのあなたにオススメの記事