ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
ども、映画好きな四十郎のおっさんでございます。



先日、109シネマズ大阪エキスポシティの次世代IMAXレーザー3D字幕版にて、『ランペイジ』を鑑賞しました。

すでに公開は終了しているところも多いかと思いますが、本作は巨大な生物たちが暴れまわる作品。

せっかく次世代IMAXレーザー上映しているのであれば鑑賞しよう!という事で、急遽、観る事にした次第です。




最近、ノリに乗っているロック様ことドウェイン・ジョンソンが主演と制作を務める本作。

この前鑑賞した『ジュマンジ』が面白かったので、密かに期待していた、おっさんです。

そんなこんなで、『ランペイジ 巨獣大乱闘』のネタバレなし感想を書いていくんだぜ?




『ランペイジ 巨獣大乱闘』について

原題:『RAMPAGE』

製作:2018年アメリカ

日本公開日:2018年5月18日

上映時間:107分

オススメ度:★★★☆☆(三ツ星)




予告編動画





簡単なあらすじ

法律において禁止されている、とある遺伝子実験を密かに宇宙ステーションで研究していた企業エナジー。

秘密裏に生物兵器を生み出し、巨額の利益を手に入れようと、エナジーは画策していた。

ところが、宇宙ステーションで実験中に事故が発生。

遺伝子サンプルとともに、脱出ポットで逃げ出したアトキンズ博士だったが、ポットに傷がついており、大気圏突入間際に爆発。

アトキンズ博士は絶命し、しかしサンプルは大気圏を抜け、サンディエゴやワイオミングに落下。

そのサンプルに触れてしまったアルビノのゴリラ・ジョージと狼が巨大化してしまう。

ジョージの友達である元特殊部隊員で霊長類学者のデイビスは、この事態を収束させるべく早速動き出す一方、サンプルを回収しようと目論んでいたエナジー社は、狼のいる森へ民間軍事会社に仕事を依頼。

だが、民間軍事会社のメンバーは巨大化した狼に襲撃されてしまい、全滅してしまうのだった。

そのため、エナジー社は、ある計画を実行に移すのだった。




本作を視聴できる動画配信サービス

U-NEXT『ランペイジ 巨獣大乱闘』

動画レンタルにて視聴可能。

配信期限がありますので、ご注意ください。

本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。




Amazonプライムビデオ

プライム会員の方は、追加料金なしで視聴可能ですが、配信期限がありますので、ご注意ください。

会員ではない方は、動画レンタルor動画購入にて鑑賞できます。

2021年7月時点の情報です。最新情報につきましては、Amazonにてご確認ください。




dTV

dアカウントをお持ちの方は、動画レンタルにて視聴可能。

配信期限がありますので、ご注意ください。

2021年7月時点の情報です。最新情報につきましては、dTVにてご確認ください。




【TSUTAYA DISACS/TSUTAYA TV】

会員の方であれば、動画レンタル、または動画購入にて視聴可能。

購入期限は、2021年10月31日まで。

2021年7月時点の情報です。最新情報につきましては、TSUTAYA TVにてご確認ください。




スタッフ

監督・製作:ブラッド・ペイトン

製作:ボー・フリン、ジョン・リカード、ハイラム・ガルシア

脚本・ストーリー:ライアン・イングル

脚本:カールトン・キューズ、ライアン・J・コンダル、アダム・スティキエル

製作総指揮:ドウェイン・ジョンソン、マーカス・ヴィシディ、ダニー・ガルシア、ジェフ・フィアソン、トビー・エメリッヒ、リチャード・ブレナー、マイケル・ディスコ

撮影:ジャロン・プレサント

美術:バリー・チューシッド

編集:ジム・メイ、ボブ・ダクセイ

衣装:メリッサ・ブルーニング

音楽:アンドリュー・ロッキングトン

視覚効果監修:コリン・ストラウス




キャラクター:キャスト/出演者(日本語吹き替え版声優)

デイビス・オコイエ:ドウェイン・ジョンソン(楠大典)

ケイト・コールドウェル博士:ナオミ・ハリス(本田貴子)

クレア:マリン・アッカーマン(深見梨加)

ブレット・ワイデン:ジェイク・レイシー(高木渉)

バーク:ジョー・マンガニエロ(三宅健太)

ラッセル捜査官:ジェフリー・ディーン・モーガン(若本規夫)

ネルソン:P・J・バーン(石上裕一)

アトキンズ博士:マーリー・シェルトン(木下紗華)

ジョージ:ジェイソン・ライルズ







おっさんのネタバレなし感想

完全なるB級映画

昔の懐かしいB級ムービーで、何も考えないで楽しめるポップコーン映画でしたよ!

前半部分は各登場人物の相関関係をしっかり描き、後半はアクションバリバリのど派手シーンの連続で、普通に楽しむ事ができました。

あまり期待していなかった分、余計にクオリティーの高さに驚き、ニヤリとしてしまいましたな。



この映画を見て、改めて悔しいと思わないといけないのは、なによりも日本です。

だって、怪獣映画をずっと作り続けてきた国なんですから、こういった昔の東宝映画を彷彿とさせるような映画を、今の技術を使って制作しないといけないんですよ。



なのに、新しい技術を使わないで、昔の手法をメインにして、そして頼って、結果、一部のファンにしかウケない映画しか作れない。

それはそれで良いのだけど、日本映画のレベルをもう一段階あげるには、『シン・ゴジラ』のように、日本でしか作れないような、それでいて新しい技術をしっかり採用した映画を作るべきだと、おっさんは思うんですよね。



これを期に、なにかゴジラ以外の怪獣映画を作って欲しいものですな。



まさしく怪獣映画!

白いゴリラ、ムササビのような狼に、形容し難いワニ。

そんな巨大な生物たちの姿は、まさしく怪獣といっても差し支えないでしょう。

怪獣映画の要素あり、アメリカが得意な人間ドラマもあって、映画好きであれば、間違いなく楽しめる作品に仕上がっていました。



残念ながら怪獣映画が好き、怪獣が好きって方には、人間ドラマに重点を置いているため、それほど楽しめる映画にはなっていませんが、先にも書いた通り、頭をからっぽにして鑑賞できる映画となっているので、色んな方にオススメできる作品ですね。



ちなみに、おっさんは、ワニを見て「アンギラス?」って感じました。

また、劇中で狼がバスを襲撃している様子は、平成ガメラ版のギャオスを彷彿とさせる感じで、テンションがあがりました。




メッセージ性もあるよ!

なにも考えないで楽しめる作品になってはいるものの、ではメッセージ性はないのかというと、そうではありません。

観る人によっては作中に示されているメッセージを受け取って、深く考える事ができるように配慮されています。

そう考えると、設定が甘くなっている割には、物語はちゃんと構成されていて、なかなかにユニークだと感じました。




設定などが気になる人には不向き

とはいうものの、設定は結構あまいので、そういう点をツッコミながら楽しむというのが、本作の鑑賞の仕方だと思います。

ツッコミではなく、真剣に設定を考えてしまって、「これはありえない」とか思ってしまう人には不向き。

あくまで、ポップコーンムービーである事を前提にして鑑賞しないと、あまり楽しめないので、注意が必要でございます。




レビューや評価

ちょっと出来過ぎの部分やあり得ない部分もあるが、特に笑って楽しめるからよし。

いろいろツッコミどころはありますが、最後のオチも含めて、プロレス的な楽しみ方はできたかなと。

なんといってもゴリラのジョージが、面白すぎる。


Yahoo!映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』



今回のネタバレなし感想のまとめ

『パシフィック・リム』『ゴジラ』と怪獣映画が意外とヒットして、ここにきて、ガッツリ怪獣映画を作ったアメリカ。

本当は怪獣映画を作りたいって人、アメリカにもいたのかな?

日本でも、もっとしっかりした怪獣映画を作って欲しいって強く感じました。

面白かったけれど、少し悔しかったですわぁ。




という事で、今回は『ランペイジ 巨獣大乱闘』のネタバレなし感想でした。

そんな訳で、今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

映画好きな四十郎のおっさん999でした。

それでは、しーゆー!




ネタバレあり感想





DVD・Blu-ray





この記事がイイネ!と思ったら下のブログランキングボタンをクリックして頂けると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ



この記事をお読みのあなたにオススメの記事