映画好きな四十郎のおっさん999でございます。

今回の記事は、2016年2月14日に公開した記事を再編集したものとなっております。


今回は、メキシコ発のSFホラー映画『パラドクス』のネタバレあり感想を書いていきたいと思います。


本作をまだ鑑賞していない方や鑑賞予定の方は、今回の記事については、スルーして頂けると幸いです。

本作は、事前情報ゼロで鑑賞した方が、絶対に良い映画なので、鑑賞していない方は、まずは本作を視聴することを、オススメ致します。







ネタバレなし感想





ネタバレあり感想

人のよる解釈が様々な映画『パラドクス』

タイムループ、というか、ディメンションループというか……。

おそらく並行世界を題材にしているはず。

このあたりが曖昧なのは、劇中で、主人公たちが巻き込まれる現象について、説明が一切ないんですよね。

鑑賞後、観客が独自で解釈して語る事ができる映画になっています。




他のレビューや評価を拝見すると、仮説を立てると、いくつかの矛盾が生じるっていう人が割といらっしゃいます。

この方々は、おそらくSF作品を多く鑑賞されている方たちだと思うのですが、そういう方々が、矛盾があるって書いてるんですね。

という事は、考え方を変えると、わざと矛盾が生じるように脚本を構成したのかな、とも考える事ができます。




硬派なSF映画なので、簡単な矛盾を残しておくようなシナリオにはしないはず。

私には、正直、どのあたりが矛盾なのか、わかりませんでした。

SFが好きだったり、映画で友達と語りたいという人には持ってこいの映画です。

ちなみに、今回ネタバレありで感想を書いていきますが、ラストの結末は書きません。

このラストは、本作の肝になりますので……。




おじいさんとおばあさんのアレが展開される驚愕の映画『パラドクス』

この映画では、異空間に閉じ込められた直後の時間軸と、そのあと35年経過した時間軸が描かれており、老人と若者の対比が描写されています。

老人は過去にとらわれ絶望し、若者は環境に適応しようと生活します。




閉じ込められてからの異空間での生活が画面に映し出されるため、生理的嫌悪感を催すシーンも登場します。

その中でも、旦那さんと奥さんが老人になってからの生活が壮絶です。

最初、二人の男女の営みシーンが出てきた時には、目が点になりましたよ。

この二人の描写がエグいので、若者の生活が、より際立つ演出は上手だなと思うのと同時に、こんな世界に放り込まれるのは、本当に勘弁なって思います。




とにかく映画好きと一緒に観る事をオススメする『パラドクス』という映画

本作は、映画が好きな人と一緒に鑑賞して語りあうというのがベストですね。

もちろん、人を選ぶ映画なので、映画好きでも、その中から一緒に鑑賞する人をさらにチョイスしないといけませんが……。

鑑賞した後に、誰かと話し合いをしたくなる、『パラドクス』は、そういう映画でございます。




口コミレビューや評価

下記サイトで『パラドクス』レビューや評価をチェック!

Filmarks

映画.com




今回のネタバレあり感想のまとめ

事前情報なしで、ヘンな映画が好きな人と一緒に鑑賞。

そのあと、コーヒーを飲みながら語りあう。けれど正解がない……。

定期的に話題にする事ができるような、稀有なSF映画でした。




という事で、今回は『パラドクス』のネタバレあり感想でした。

そんな訳で、今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

映画好きな四十郎のおっさんでした。

それでは、しーゆー!




DVD・Blu-ray




この記事をお読みのあなたにオススメの記事




メインブログ(四十郎おっさんによる映画感想まがい)