ブログネタ
★自分にとっては大切なこと★ に参加中!
ここ数日、ずっと頭の中が疼いております。眼の奥にも痛みというか、ウズウズ気持ち悪い感じがするため、眼精疲労なのかな?とも考えていました。しかし、病院で処方してもらっている頓服薬のクリアミンが全く効かないという困った状態。普段なら、1つで頭痛は治る。きつい発作であれば、2つ飲めばおさまるんですよ。しかし、今回は、そうならなかった。



スポンサーリンク




dutsu


ある日、いつも通っている整体に行ってみると、結構、待っている人がいて、施術まで待ち時間がありますと言われてしまいました。その日は予定がなかったので、「わかりました〜」と30分くらい待つつもりでいたんですが、他の系列のところから応援に来てもらう事になったらしく、15分程度で名前を呼ばれました。

応援で現れたその先生、滅多に他の系列の整骨院には応援にいかない方なんですが、たまたま、その日は、その方がいらっしゃいました。で、早速、施術をやってもらったんですが、いくつか体を触ってみて、「内臓、悪いんじゃないかな?」と。

そういえば、昔も一時期、内臓を攻められたんですが、内臓系を押してみると、もう痛い痛い。自覚症状がなかったのですが、どうやら、内臓とくに胃が、健康的に機能していない可能性が高いという事に。

「お腹、空きますか?」

そう尋ねられて、素直に「はい」。わたし、1回の食事量は少ないのですが、その分、回数が多いんですよね。1日4回から5回の食事量回数。それ自体は悪くないようで、先生も「うーむ」状態。

そこで、先生は切り口を変えて「最近、寝れてます?」。わたしは、最近、寝ても2時間くらいで起きてしまうんですね。トイレで起きる事が多いし、唐突に目を覚まします。さらに、最近、やたらと夢を記憶している事が多い。昔は、夢を見たけど覚えてない事が多かったのに。

その事を話すと、先生は「なるほど」と一言。どうやら、わたしは脳が休んでいなくて、ずっとフルスロットル状態であるとの事。現在、3つのパートを掛け持ちしているため、「それだと、脳が休まる時間がないですね」と言われました。夢を見ている時は浅い眠りの時ですからね。そこから深い眠りに移行しないまま、目を覚ましていたようです。

脳が休まっていないという事は、脳が活動しているという事。で、エネルギーが足りないから、摂取するために「空腹である」という命令を出し、本当はそんなにお腹が減っていないにも関わらず、お腹が減ってるとなって、余分に食事してしまう。だから、胃も休まらず疲れて、それが肉体の疲れ・コリや筋肉の緊張につながって、結果、偏頭痛が発生するという悪循環になったみたいです。



とりあえず、足のある部分を定期的に刺激して、内臓系の状態を良くし、脳を休ませるよう、いろいろやってくださいというアドバイスを頂きました。脳を休ませるというのは、軽いストレスをかけるという事らしいです。それこそ、軽いスポーツとかが、いいみたいですね。インドア派のわたしには、辛いですけど。

そんな訳で、寝る前はパソコンを開けないようにして、寝る前は何も考えないで、自分の呼吸音に耳を傾けて眠るようにしています。すると、じょじょに、妙な頭痛もなくなり始めました。まだ完全になくなっている訳ではありませんけどね。



内臓系が弱いと偏頭痛が出るなんて、知りませんでした。もちろん、異論や反論はあるかもしれないですが、先生の言われた通りにすると、偏頭痛が現実に減ったので、一理あるんでしょうね。

その他の要因としては、猫背、左に重心があるというものもありました。こちらも、改善策を聞いたので、それらを実践しつつ、引き続き、偏頭痛対策していきたいと思います。




この記事がイイネ!と思ったら下のブログランキングボタンをクリックして頂けると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ