※本記事は2016年08月14日に投稿したものを再編集したものになります。



ども、映画好きな四十郎のおっさんでございます。

奥さんの実家である愛媛から戻ってまいりました。渋滞に巻き込まれ、予定よりも1時間以上遅れて帰還。

うへぇ、疲れましたぜ。

今回はタイトルからして明らかにB級である映画『オール・チアリーダーズ・ダイ』の感想を書いていきます。




アメリカではチアリーダーはプロが確立されていて、練習も鬼気迫るものがあるんですよね。

以前、なにかのドキュメンタリーで見たことがあったんですが、すごいもんでした。

今回の映画は、そんなチアリーダーたちの映画でございます。




なんと「未体験ゾーンの映画たち2015」にて取り上げられていた作品らしい。

ということは、かなりのキワモノってことだね。どんなヤツか楽しみだ!




ちなみに、今回もDVD鑑賞ではなくて、ニコニコ動画の生放送でオンエアしていたものをタイムシフト視聴しました。

この映画も想像していたものとは違う展開でしたね。

てっきり、悪ガキなチラリーダーたちを殺人鬼が片っ端から襲撃する作品かと思っていたのですが。。。




『オール・チアリーダーズ・ダイ』について

今回ご紹介する映画:『オール・チアリーダーズ・ダイ』

原題:『ALL CHEERLEADERS DIE』




スタッフ・キャスト(出演者)

監督:ラッキー・マッキー

出演者:ケイトリン・ステイシー、トム・ウィリアムソン、アマンダ・グレイス・クーパー




予告編動画




かんたんなあらすじ

チアリーダーのアレクシスが練習中の事故で死んでしまった。

その事故にアメフト部の関与を感じたアレクシスの親友マディは真相究明に乗り出す。

マディはチアリーディングチームに参加し、着実に周囲の信頼を獲得していく。

そんな中、アメフト部との小競り合いによって、チアリーダーズを乗せた車が崖から転落。

車に乗っていた全員が命を落としてしまう。

ところが、黒魔術によって、彼女たちは復活するのだった。






ネタバレなし感想

いやもう、なにがなんだか、さっぱりわからない映画でした。

面白くない訳ではないんですけどね。

バランスがとても悪い映画でして、特に前半が残念という作品。

B級映画やZ級映画をよく鑑賞している人には、まぁ、話のネタにどう?って感じでしょうか。

オススメはできませぬ。




良いところ

思い切りふざけたタイトルとは裏腹に、後半はちゃんとしたホラーファンタジーでした。

意外と普通の映画でびっくり。

特別ユニークな演出や展開はないのですが、中盤以降は、とてもわかりやすいストーリーでなかなか良かった。

どのように決着をつけるのかなど、ラストが気になる映画でございました。




悪いところ

中盤以降は面白い反面、前半は苦痛以外のなにものでもないのが残念。

誰が誰だかイマイチわからず、関係性も把握できないまま、グダグダと新学期スタート前の乱痴気パーティーを見せられる訳で、早々に退屈です。

この前半さえ、上手に処理していれば、トータルでみて、オススメできる良作になったはずなのに。

残念です。

また、ホラーファンタジーと書いたのですが、基本はコメディーなので、苦手な人は注意が必要です。




ネタバレなし感想のまとめ

前半パートがしんどいため、後半が良くても、なかなかオススメできるような作品ではありませんでした。

単純なホラーにする訳ではなく、いろいろなアイデアを詰め込みつつ、ちゃんとオチをつけているので、それなりに面白い映画ではあるんですけどね。

個人的には前半グダグダが長すぎた。。。

興味のある人は、時間のある時にチャレンジしてみては??




という事で、ここまでは『オール・チアリーダーズ・ダイ』のネタバレあり感想でした。

お読み頂きまして、ありがとうございました!

これより下にネタバレあり感想を書いておりますので、ご興味のある方は、お読み頂けると嬉しいです。




DVD・Blu-ray




ネタバレあり感想

話も主人公も迷子状態でストーリーが進行。

事故で亡くなった主人公たちが蘇ったと思いきや、なぜか魂が入れ替わっていて、かなりややこしい状態に。

もう誰が誰なのか、さっぱりわかりません。




唯一わかるのは、キーパーソンとなる魔女っ子だけ。

入れ替わる要素は、後半、それなりに活かされるのですが、なくても良かったんじゃないかな。




あと、敵となる学生のアメフト野郎が、かなりの下衆なので、安心して、チアたちを応援できるのは良いですね。

女子学生を襲ったり、殴ったり、他の生徒を脅したり、かなり好き勝手やってましたからね。

変にドラマ性を持たせずに、ストレートな物語にしたのは好印象でした。




基本的には、きちんとまとまっている良作なんですよ。

だからこそ、前半のダメダメっぷりが残念でなりません。

ううむ。

原題には「パート1」と付いていたのですが、その内、パート2を製作するのかな?

続きがあるなら、ぜひとも鑑賞したいです。




レビューや評価

わざわざ時間を作ってまで見る価値はありません。

ホラー、コメディ、アクション、シリアス、エログロ等々、すべてが中途半端な気がして、今ひとつ印象に残らなかった作品となりました。

時間つぶしには最適な映画でした。

うひゃー下らなああい。でも面白い

Yahoo!映画『オール・チアリーダーズ・ダイ』



という事で、今回は『オール・チアリーダーズ・ダイ』の感想でございました。

そんな訳で、今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

映画好きな四十郎のおっさんでした。

それでは、しーゆー!



DVD・Blu-ray