ブログネタ
今日見た映画 に参加中!
映画好きな四十郎のおっさん999でございます。

今回の記事は、2015年10月14日に公開した記事を再編集したものとなっております。ご了承ください。




今回は、『ファンタスティック・フォー(2015年)』のネタバレなし感想を書いていきたいと思います。



私は、本作が劇場公開されたときに、映画館で鑑賞しました。

2005年に公開された『ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]』、2007年に公開された『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』は未視聴状態。

順番通りに鑑賞していない私ですが、果たして、本作を楽しめることができるのか。




『ファンタスティック・フォー(2015年)』について

原題:『FANTASTIC FOUR』

製作:2015年アメリカ

日本公開日:2015年10月9日公開

上映時間:1時間40分

オススメ度:★★★☆☆(三ツ星)




予告編動画





簡単なあらすじ

子供の頃から発明オタクであったリードと、彼のクラスメートであるベンは、小学校5年で、物質転送装置を考案し、それを作り出していた。

だが、周囲からの理解を得ることができないでいた。

7年後、物質転送装置の転送成功が、とある財団の科学者ストームの目にとまる。

ストームは、リードを財団の学生研究員としてスカウトする。

財団には、博士の養女であるスー、スーの弟ジョニー、リードと同じく、物質転送装置の研究を行っているビクターが在籍していた。

そして、リードはついに、本格的な装置を完成させる。

リード、ジョニー、ビクター、そしてリードに誘われたベンは、転送実験を実施。

異次元空間に転送される。

ところが、その途中でアクシデントに遭遇。

ビクターは行方不明。

リード、ジョニー、ベンは地球に帰還するものの、装置を操作していたスーを含め、4人は異次元空間のパワーにより、特殊な能力を身につけるのであった。




本作を視聴できる動画配信サービス

U-NEXT『ファンタスティック・フォー(2015)』

会員の方でも、追加料金が必要となります。

配信期限がありますので、視聴の際は注意してください。

本ページの情報は2022年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。




Amazonプライムビデオ『ファンタスティック・フォー(2015年)』字幕版

Amazonプライムビデオ『ファンタスティック・フォー(2015年)』日本語吹替版

プライム会員の方でも、追加料金が必要です。

動画レンタル、または動画購入で、視聴が可能でございます。

配信期限がありますので、ご注意ください。

2022年9月時点の情報です。最新情報につきましては、Amazonにてご確認ください。




dTV

会員の方は、動画レンタルにて視聴可能。

配信期限がありますので、視聴の際は注意してください。

2022年9月時点の情報です。最新情報につきましては、dTVにてご確認ください。




スタッフ

監督・脚本:ジョシュ・トランク

脚本・製作:サイモン・キンバーグ

脚本:ジェレミー・スレイター

原作:スタン・リー、ジャック・カービー『ファンタスティック・フォー』

製作:マシュー・ヴォーン、ハッチ・パーカー、ロバート・クルツァー、グレゴリー・グッドマン

製作総指揮:ケヴィン・フェイグ、アヴィ・アラッド、スタン・リー




キャラクター:キャスト(日本語吹き替え版声優)

リード・リチャーズ/Mr.ファンタスティック:マイルズ・テラー(木村昴)

ジョニー・ストーム/ヒューマン・トーチ:マイケル・B・ジョーダン(櫻井トオル)

スーザン・ストーム/インビジブル・ウーマン:ケイト・マーラ(堀北真希)

ベン・グリム/ザ・シング:ジェイミー・ベル(遠藤純平/ゴリ〈ガレッジセール〉)

ヴィクター・フォン・ドゥーム/Dr.ドゥーム:トビー・ケベル(阪口周平)

フランクリン・ストーム博士:レグ・E・キャシー(土師孝也)

ハーヴェイ・アレン博士:ティム・ブレイク・ネルソン(てらそままさき)








実写映画『ファンタスティック・フォー』シリーズ

20世紀フォックスは、2005年と2007年に『ファンタスティック・フォー』を製作しておりまして、本作は、2015年に製作されたリブート版となっております。





本作を含め、2022年9月時点では、3作品鑑賞することができます。(1994年に公開予定だった『ザ・ファンタスティック・フォー』は劇場未公開、ビデオソフト化されていないため、現時点では鑑賞不可状態)

20世紀フォックスはディズニーに買収されたので、マーベル・シネマティック・ユニバース版が2024年11月に全米公開となっております。

ちなみに、『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』(通称MoM)では、MCU版に先駆け、ちらりとミスター・ファンタスティックが登場しております。




おっさんのネタバレなし感想

日本語吹き替え版では、女優の堀北真希さんとガレッジセールのゴリさんが声優に挑戦していたようですが、あいにく、私は字幕版を鑑賞しました。

『ファンタスティック・フォー』の事前情報は、全く持たないで鑑賞したのですが、それなりに面白い映画でございました。

当日券1900円では厳しいけれど、前売り券料金であれば、まだ納得できるかな?という感じ。

ストーリーや世界観、設定がシンプルに作られているので、力を抜いて安心して鑑賞できる点は、好印象でございます。




ただ、『アベンジャーズ』のMCU、『ジャスティス・リーグ』のDCEUといった作品群が公開されている昨今、本作は、あまりにもシンプル&地味。

味気ない映画だ……と感じる部分は否めません。

アクションシーンが結構、中途半端に感じてしまうんですよね。

アクション以外のシーンをメインにするなら、逆に、もう少しアクションを抑えめにしても良かったかも。

みんなが期待していた派手な映画ではなかったため、公開当時、本作の評価は、割と低かったと記憶しております。

これから鑑賞するときは、過度な期待はしないで鑑賞することをオススメいたします。




本作は、完全に人物紹介という役割を担った作品、プロローグ的な作品で、続編製作が決定しておりました。

しかし、この後に20世紀フォックスがディズニーに買収されたので、本作は打ち切りとなっております。




Yahoo!映画での口コミレビューや評価

ヤフー映画『ファンタスティック・フォー(2015年)』でレビューや評価をチェック!



今回のネタバレなし感想のまとめ

それなりに面白い映画という感じで、あまり期待しないで鑑賞すれば、割と楽しめるという作品。

リブート映画なので、順番など気にせずに視聴できる点は良いですね。




という事で、今回は『ファンタスティック・フォー(2015年)』のネタバレなし感想でした。

そんな訳で、今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

映画好きな四十郎のおっさん999でした。

それでは、しーゆー!




DVD・Blu-ray






この記事をお読みのあなたにオススメの記事