ブログネタ
映画の適当な感想 に参加中!
ども、映画好きな四十郎のおっさん999でございます。

今回の記事は、2015年10月11日に投稿した記事を再編集したものになります。



今回は、シリーズ完結まで新作発表ごとに、巷で話題になっていた映画『シャークネード』のネタバレなし感想を書いていきたいと思います。

ずっと気になっていた映画『シャークネード』。

空からサメが降ってくるなんて、こいつは、とんでもなくクレイジーな映画だぜ!

巨大竜巻×人喰い鮫のコンビがアメリカを襲う『シャークネード』、一体どんな作品なのかしら?




『シャークネード』について

原題:『SHARKNADO』

製作:2013年アメリカ

日本公開日:???

上映時間:1時間28分

オススメ度:★★★★☆(四つ星!)




予告編動画





簡単なあらすじ

太陽が照りつけるカリフォルニはのビーチは、例年どおり、多くの人々で賑わっていた。

そんな中、史上まれにみるハリケーン<デビッド>が、メキシコ沖から急速に北上。

急激な海流の変化で、サメの大群がビーチに現れる。

サーファーのフィンは、サメの出現にいち早く気付き、人々を避難させるものの、荒波とサメの猛威は凄まじく、ビーチは地獄絵図に。

さらに、状況が最悪の方向へと傾いていく……。




本作を視聴できる動画配信サービス

U-NEXT『シャークネード』

会員の方は、見放題にて鑑賞可能です。

本記事作成時点での配信期限はありませんが、視聴の際は確認してください。

本ページの情報は2022年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

ちなみに、記事作成時点では、シリーズ6作品を視聴する事が可能でございます。




Hulu

Huluと契約している方は追加料金なしで鑑賞可能。

配信期限がありますので、ご注意ください。

紹介している作品は、2022年9月時点の情報です。

現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。

ちなみに、記事作成時点では、シリーズ5作品を視聴する事が可能でございます。



Amazonプライムビデオ『シャークネード』(字幕版)

Amazonプライムビデオ『シャークネード』(吹替版)

プライム会員の方でも、追加料金が必要です。

動画レンタル、または動画購入で、視聴が可能でございます。

配信期限がありますので、ご注意ください。

2022年9月時点の情報です。最新情報につきましては、Amazonにてご確認ください。




スタッフ

脚本:サンダー・レヴィン

監督:アンソニー・C・フェランテ




キャラクター:キャスト(日本語吹き替え版声優)

フィン・シェパード:アイアン・ジーリング(堀内賢雄)

エイプリル・ウェクスラー:タラ・リード(堀越知恵)

ジョージ:ジョン・ハード(星野充昭)

ノヴァ・クラーク:キャシー・スケルボ(あいざわゆりか)

バズ・ホーガン:ジェイソン・シモンズ(藤沼建人)

ディアナ:スミコ・ブラウン(志摩淳)







おっさんのネタバレなし感想

本作は、限りなくZ級に近い映画を製作し続けるアサイラムさんのサメ映画でございます。

そして、配給は、アルバトロスさんという、映画好きなにとっては、最強の布陣となっております。

以前ご紹介した『ゾンビ・アルカトラズ
もアサイラムさん製作の映画です。

『シャークネード』は、Z級映画ではなく、B級映画のクオリティー。




過去に色々な怪作が生まれているB級サメ映画の中でも、本作は、かなりぶっとんだ設定の映画です。

竜巻の力で空を舞い、暴風の勢いでサメたちが空から襲ってくるなんて映画は、他に見た事がありません。

サメといえば、横からやってくる恐怖しか、今までありませんでしたが、今回は初めて、縦の恐怖を描くという新鮮さ。

まぁ、普通に考えたら、思いついても製作しないんですけど、作っちゃうあたり、さすがです。




この映画では、サメは普通のサメで、すこぶる知能が高いとか古代の巨大魚という設定ではないというところが、かえって面白いです。

そのサメと戦う主人公たちは屈強で、銃はもちろん、バットやイス、果てはチェンソーを使って、サメを返り討ちにしてしまいます。

普通のパニックムービーを期待すると、外してしまうかもしれません。

ぶっとんだ設定とサメと戦うぶっとんだキャラクターを楽しむ映画だと思います。




ところで、主演の俳優さん。

どこかで見覚えがあると思ったら、ビバリーヒルズ高校白書にレギュラー出演していた人でした。

懐かしい!




あと、アサイラムさんの映画はヒロインが、なぜかお年を召した方、しかも普通の判断ができない人が多いのですが、今回のヒロインは若くて可愛らしい、男気のある女性です。

年齢関係ないんで、いつも、こんなヒロインを設定すればよいのに。

主人公の娘・クラウディアも、ヒロイン要素が多いですが、あまり出番がありません。




今見ると、物足りなさはあるかもしれません。

でも、映画をさほど見ないという人にも、「サメ映画」というジャンルを認知させた怪作なので、まっさらな気持ちで鑑賞して楽しんで頂けたら……と思います。




Yahoo!映画での口コミレビューや評価

ヤフー映画『シャークネード』でレビューや評価をチェック!



今回のネタバレなし感想のまとめ

秋の夜長、みんなでワイワイ騒ぎながら観るもよし。

お酒をちびちび飲みながら観るもよし。

愛すべきB級ムービーです。




本作はシリーズ化しておりますので、1作目を楽しめた方は、2作目以降もチェックしてみてください。



という事で、今回は『シャークネード』のネタバレなし感想でした。

そんな訳で、今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

映画好きな四十郎のおっさん999でした。

それでは、しーゆー!




シリーズのDVD・Blu-ray





この記事をお読みのあなたにオススメの記事