ついに!レオナルド・ディカプリオが第88回アカデミー賞授賞式で、主演男優賞を受賞しましたね!

スポンサーリンク


ディカプリオは、これまで4度、「ギルバート・グレイプ」(助演男優賞)、「アビエイター」「ブラッド・ダイヤモンド」「ウルフ・オブ・ウォールストリート」(主演男優賞)とそれぞれノミネートされていました。
ノミネートされた作品以外にも、たとえば「インセプション」や「ジャンゴ 繋がれざる者」でも素晴らしい演技で、観客を魅了してくれました。
今まで受賞していないのが不思議なくらい、今や演技派俳優になりましたね。

5回目のノミネートで、ついにオスカーを受賞したディカプリオ。次は、どんな映画に出演するのでしょうか。楽しみです。


先日「オデッセイ」を鑑賞した際、初めて「レヴェナント:蘇えりし者」の予告編を観ました。
正直、全く興味が沸かず、予告編も観ていなくて、その時、初めて「レヴェナント:蘇えりし者」の映像を見ました。

びっくりしました。
映像も素晴らしいのですが、それ以上に、鬼気迫るディカプリオの演技は、鳥肌ものです。
「ジャンゴ」でも、狂気に満ちたお芝居を繰り広げていましたが、「レヴェナント:蘇えりし者」では、それを上回る迫力がありました。

「レヴェナント:蘇えりし者」の日本公開は4月22日。
公開したら、ぜひ、鑑賞したい映画リストに入ってしまった……。


「レヴェナント:蘇えりし者」予告編映像


「レヴェナント:蘇えりし者」では、「インセプション」でも共演したトム・ハーディも出演しています。
トム・ハーディは誰もが認める実力派俳優。2015年に話題になった映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」では主演を務めましたね。
この実力派俳優二人が再び激突する「レヴェナント」。
監督は「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」のアレハンドロ・G・イニャリトゥ。
職人気質の監督さんですね。
ずっしりとした重たい映像で、上映時間は約2時間40分。一度見たら疲れが出そうな映画ですが、予告編を観たら、ぜひ観たいって思いますよ。
公開が待ち遠しいです。


この記事がイイネ!と思ったら下のブログランキングボタンをクリックして頂けると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ