愛は思わぬところで、あなたを待っている。

追憶の森 (PARCO CINEMA NOVEL SERIES)
using あまらく


『追憶の森』(原題:THE SEA OF TREES)

予告編動画




今回は、2016年4月29日に公開したばかりの新作映画『追憶の森』の感想を<ネタバレあり>で書いていきます。現在、映画館で上映中ですので、これから鑑賞予定の人、レンタルで鑑賞しようとお考えの人は、今回の記事をスルーしてください。

↓ネタバレなし感想↓


『追憶の森』のあらすじ

tsuiokunomori-06

ある出来事がきっかけで、深い後悔に苛まれていたアーサー。「理想の死に場所」を求め、日本・富士山麓の青木ヶ原樹海を訪れる。歩道からはずれ、樹海の中へ入っていたアーサーは、ある岩場に座り込み、睡眠薬を一粒ずつ飲んでいく。そんなアーサーの前に「助けてくれ」と力なく森の中をさまよう男が現れる。

どうするか悩んだ挙句、彼を助ける事にしたアーサーは、水を持って、その男の元へ。水を与えたアーサーに男は「タクミ」と名乗り、森から脱出したいと伝える。アーサーは自分の来た道をタクミに教え、自分のいた場所に戻ろうとするが、ふらふらしているタクミは、なぜか、アーサーと同じ方向に歩いていた。

いつしかアーサーも森の中で迷い、タクミを森から出すために、樹海の中を歩く。その途中、なぜタクミは樹海から出たいのか、アーサーは知る事に。タクミはある事がきっかけで生きる事が嫌になり、樹海へやってきた。しかし、タクミはその途中で考えなおし、残した妻子のところへ戻ろうとしているのであった。

樹海の中でサバイバルを続けていくうちに、アーサーはこれまでの人生を見つめなおす事になる。いつしか、アーサーの心に「死」という思いが消えているのだった。果たして、アーサーは、無事にタクミを樹海から助け出す事ができるのだろうか?


公式ホームページ



スポンサーリンク



『追憶の森』の概要

tsuiokunomori-01

アカデミー監督賞にノミネートされた『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』、マット・デイモンとケイシー・アフレックが共演した『GERRY ジェリー』、カンヌ国際映画祭のパルム・ドールと監督賞を同時受賞した『エレファント』、ゲイの政治家ハーヴェイ・ミルクを描いた『ミルク』、加瀬亮が出演している『永遠の僕たち』などのガス・ヴァン・サント監督によるミステリー映画。『追憶の森』は、映像化されていない製作前の優秀な脚本を集めた「The Black List 2013」(ブラックリスト)に選出された脚本のひとつです。

生きる目的を見失い、後悔を引きずり、死に場所を求めて青木ヶ原樹海にやって来たアメリカ人男性が、自殺を思いとどまり樹海からの脱出を試みる日本人男性と出会うことにより、人生を見つめ直す様子を、過去と現在を交錯させながら、ガス・ヴァン・サント監督が鮮やかに描写します。

主演は『ダラス・バイヤーズクラブ』『インターステラー』の演技派マシュー・マコノヒー。共演に『インセプション』『ゴジラ(2014)』など国際的に活躍する渡辺謙、ハリウッド版『リング』や『インポッシブル』のナオミ・ワッツ。物語のほとんどを、この三人で紡いでいく演出とストーリー構成は素晴らしいですよ。


『追憶の森』のスタッフとキャスト

スタッフ
製作:クリス・スパーリング、ケン・カオ、ギル・ネッター、ケヴィン・ハロラン、F・ゲイリー・グレイ、ブライアン・ドビンズ、アレン・フィッシャー
共同製作:タミー・ゴールドマン、サッチ・ワタナベ、トレイシー・マクグラス
監督:ガス・ヴァン・サント
脚本:クリス・スパーリング
協力製作:トーマス・パトリック・スミス
撮影監督:キャスパー・タクセン
音楽監修:クリス・ドーリダス
編集:ピエトロ・スカリア
音楽:メイソン・ベイツ
衣装デザイン:ダニー・グリッカー
プロダクションデザイン:アレックス・ディジェルランド

キャスト
アーサー・ブレナン:マシュー・マコノヒー
ジョーン・ブレナン:ナオミ・ワッツ
ナカムラ タクミ:渡辺謙
エリック:ジョーダン・ガヴァリス
ガブリエラ・ラフォルテ:ケイティ・アセルトン
タカハシ医師:ジェームズ・サイトウ
アンナ:アンナ・フリードマン
精神衛生士:アイ・ヨシハラ
救急隊員:リノ・タナカ
森林監視員:イクマ・アンドウ、ジュウゾウ・ヨシダ
医師:スティーヴン・ハウィット
日本人の看護師:ロイ・Y・チャン



淡々とストーリーが進行する『追憶の森』

tsuiokunomori-08

途中でラストがわかるシナリオではありますが、それでもラストが気になるように上手にストーリーを見せている手腕は良かったです。確かに「ブラックリスト」入りしたのも頷けます。

激しい起伏のない物語ですが、それでも盛り上がりはちゃんとあります。樹海で迷うところから始まり、川を見つけたり、崖から転んで怪我をしたり、大雨が降ったり、冷気にさらされたり。アーサーとジョーンの場面でも、飽きさせないように、小さいながらも事件が起きたり、謎をさらりと提示したりしています。淡々としたストーリー進行ですが、それでも、ドキドキハラハラしてしまう映画です。

役者のお芝居だけで映画を観る事できる人、さらに風変わりな映画が好きな人には楽しめる映画となっています。


『追憶の森』の結末について

tsuiokunomori-07

『追憶の森』のラストについては、賛否の分かれるところだと思います。ストレートな人間ドラマを期待したら、確実に肩透かしを喰らってしまう事でしょう。私としては、このようなエンディングになるとは想像もつきませんでした。

『追憶の森』の結末とは、アーサーの立ち直りと、渡辺謙演じるタクミの正体。タクミの真相については、かなり曖昧な感じで提示しています。ジョーンが姿を変えてアーサーの前に現れたのか、タクミが偶然ジェーンの魂と出会いアーサーに言葉を伝えにきたのか。これは観客の解釈に委ねるかたちで終わります。

鑑賞後、一緒に映画を観た人たちと、この映画について盛り上がれる、そんなラストです。個人的には、曖昧なこの結末が『追憶の森』という映画にふさわしく、とても綺麗だと感じました。


映画『追憶の森』のレビューや評価

世にも奇妙な、、、的なストーリーですが、樹海という舞台と、夫婦の絆、が、とても愛しい物語に仕上げてくれてます。静かに物語が淡々と進むので、そういうのが好きな人に、、

展開が読めてしまうシナリオ構成ではあったが、ひたすらマシュー・マコノヒーが光る作品。彼の名演を観るなら必見。夫婦やカップルにも勧められる1作。是非。

昨夜、観たのですがまだまだ作品の余韻が雪のように降り積もっていっている最中です。
言葉では表現しづらい、本当に映像で語る作品です。
まず言えることはマシュー・オコノヒーの見事さです。
妻と確執を抱えていた頃、その関係がうまく行きだした時、そして深い悲しみを抱え樹海に足を踏み入れた時、そして再生する魂の時。
これらがみんな違う顔をしている。
脇の渡辺謙もナオミ・ワッツも素晴らしい。
3人の演技を観るだけでも価値があると思いました。


『追憶の森』のまとめ



夫婦や彼氏彼女と一緒に鑑賞しても良い作品。樹海を舞台にした<愛>について描かれている珍しい映画です。ネタバレなし感想でも書きましたが、ちゃんとしたエンターテインメント作品になっています。以前鑑賞した『セッション』に似た印象があります。『セッション』も、感動人間ドラマかと思いきや、新手のスリラータッチの映画でしたしね。


淡々としている割には、クセのある映画なので、なかなか他の人におすすめしにくいですが、興味があれば、ぜひ、鑑賞してみてください。



この記事がイイネ!と思ったら下のブログランキングボタンをクリックして頂けると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ