ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
一番強いヤツは、どこだ?



今回ご紹介する映画:『ザ・プレデター』
原題:『THE PREDATOR』
製作:2018年アメリカ
日本公開日:2018年9月14日
上映時間:107分
オススメ度:★★★☆☆(三ツ星)




予告編動画





あらすじ

任務中、謎の宇宙船に遭遇したクイン・マッケナは、宇宙船から出現した宇宙人・プレデターと交戦状態に入る。

同僚を亡くしながら、プレデターを撃退したクインは、宇宙船から奪取した証拠品のいくつかを、自分の私書箱へ送付する。

その直後、クインは謎の組織に拘束されるのだった。

クインが送った証拠品は、私書箱へ無事に届けられるが、私書箱の利用料金を滞納しており、登録されている住所へ、その証拠品が送られてしまう。

受け取ったのは、クインの息子で発達障害を持つローリー。彼は驚異的な能力でプレデターの技術を理解し、謎めいた装置を起動させてしまう。

それを察知した、宇宙空間にいた別のプレデターが地球へ襲来するのだった。




スポンサーリンク




(´・ω・`)

どーも、四十郎のおっさん999です。

今回は9月に公開したSFアクション映画『ザ・プレデター』のネタバレなし感想を書いていきたいと思います。

『プレデターズ』が、なんともアレな作品だったため、ほとんど期待していなかった本作。

評価も結構割れている映画でして、一体プレデターに何が起きたのか、興味津々ございます。

そんな訳で、『ザ・プレデター』のネタバレなし感想を書いていくんだぜ?




今回利用した映画館

109シネマズ大阪エキスポシティ 次世代IMAXレーザー 3D 字幕



スタッフ

監督・脚本:シェーン・ブラック
製作:ジョン・デイヴィス
脚本:フレッド・デッカー
キャラクター創造:ジム・トーマス、ジョン・トーマス
エグゼクティブプロデューサー:ビル・バナーマン、アイラ・ナポリエッロ
撮影:ラリー・フォン
プロダクションデザイナー:マーティン・ホイスト
編集:ハリー・B・ミラー三世、ビリー・ウェバー
音楽監督:デイヴ・ジョーダン、トリグ・ト-ヴェン
音楽: ヘンリー・ジャックマン
衣装デザイナー:テイッシュ・モナハン




キャスト/出演者(役名)

ボイド・ホルブルック(クイン・マッケナ)
トレヴァンテ・ローズ(ネブラスカ・ウィリアムズ)
ジェイコブ・トレンブレイ(ローリー・マッケナ)
キーガン=マイケル・キー(コイル)
オリヴィア・マン(ドクター・ケイシー・ブラケット)
トーマス・ジェーン(バクスリー)
アルフィー・アレン(リンチ)
スターリング・K・ブラウン(トレーガー)




the-predator_1



おっさんのネタバレなし感想

基本的なところ、SFアクションホラーというよりは、コメディー色の強いSFアクションになっているといったところ。

ホラー色はなくなっているとまではいいませんが、スプラッター描写がメインとなっていて、人を選ぶ形になっているかもしれません。

細かい部分を気にしはじめるとキリがない本作は、それを気にさせないくらい、監督の好き勝手にやっているため、映画好きであれば、普通に楽しめる作品に仕上がっています。




良いところ

BGMが!!

なんといっても、BGMがおなじみのプレデターのメインテーマなんですよね、本作。

これがやはり良いです。

このBGMが使われていて、初めて『プレデター』な訳で、BGMが流れて、かなりテンションが上がりました。

ひゃっほぅ!!




the-predator_2



正当なる続編

1990年の『プレデター2』よりも正当な続編という印象が残った本作。

『プレデター2』は1作目の『プレデター』の続編という感じが薄く、というかそもそもプレデターの存在感が薄い作品でございました。

そこにきて、今回の『ザ・プレデター』は、『プレデター2』のようにプレデター自身のキャラクター性を描写しつつも、人類側の設定もキッチリ作り込まれています。

また、ストーリーや舞台についても、1作目を継承しつつ、新しいものが用意されていました。

お約束的シーンもちゃんとありますし、トータルで、本作が『プレデター』2作目と言った方が良いくらいのクオリティー。

『プレデター2』と『プレデターズ』より、個人的には本作の方が楽しめました。




戦いの構図を大切にしている

本作で印象深いのが、プレデターと戦う落ちこぼれ?軍人チームたちの戦闘です。

プレデターと軍の戦いの構図を意識していて、この部分は『プレデター』を見ている者としては、とても嬉しくなりました。

やはりプレデターと戦うには、連携のとれたチームでないと敵わないと、おっさんは思う訳です。

警察やお互い面識のないよくわからない集団では、プレデターに立ち向かうには無理があるのでは??って感じていたので、本作で久し振りに軍がプレデターと戦う設定には、ニヤリとしてしまいましたな。




悪いところ

1作目のような衝撃はなし

とはいえ、本作にも、1作目のような衝撃はありませんでした。

色々なアイデアと展開を持ってきて、映画としては確かに面白いのですが、わざわざ制作する必要もなかったんじゃないかな?って感じるのも確かです。

『プレデター2』『プレデターズ』よりも、物語は面白く、プレデター映画らしさもあるのですが、そこまでという感じですね。




「スターゲイザー」のやり方に???

本作で重要な役割を担っているのが、プレデターを研究している秘密機関「スターゲイザー」です。

今回、この「スターゲイザー」が中心となって襲来してきたプレデターと戦うのかと思いきや、そんな事はありませんでした。

「スターゲイザー」、かなり嫌な連中でして、特にリーダーが自己中心的な男。せっかく呼び寄せた科学者も、あっさりと当日になって切り捨てるなど、予期せぬ事態に陥ったとはいえ、なんかその行動に釈然としません。

秘密機関ですからね、我々の常識にとらわれる事なく、どんな非常な手段でも講じるし、そのような判断をするでしょう。

けれど、襲来してきたプレデターをほっといて、宇宙船だけを追跡するなんて、今までプレデターを研究してきた機関とは、とうてい思えないんですよね。

宇宙船を探すチームとプレデターを迎撃するチームに分かれると思うし、プレデターの技術をある程度理解しているなら、迎撃チームも、それなりの装備を持っているでしょうから、善戦すると思うんですけどねぇ。




今回のネタバレなし感想のまとめ

「スターゲイザー」の存在に首を傾げなからも、普通に楽しめる、お金のかかったB級映画といったところ。

細かいことは気にせず、ひたすら楽しむのが吉でしょうな。

評価が思い切り、分かれているらしい本作。おっさんは、嫌いではありませんよ?




という事で、今回は『ザ・プレデター』のネタバレなし感想でした。

それでは、今日はこの辺で。

しーゆー! (´・ω・`)ノシ




この記事がイイネ!と思ったら下のブログランキングボタンをクリックして頂けると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ




★格好良いフィギュア。本作で最初に登場した方のプレデターさんです。


ネタバレあり感想



【関連記事】

映画の小ネタ満載!笑ってちょっとだけ泣ける『デッドプール2』のネタバレなし感想


おっさんの運営ブログ

四十郎おっさんが綴る読書感想文まがい

次世代IMAXレーザーを楽しむ!

四十郎おっさんが綴る日常(アメブロ)


おっさん999とは?

おっさんのプロフィール


おっさん999へ連絡