ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
『探偵はBARにいる3』を、もう一回、映画館で鑑賞してみてもいいかな?

それくらい、お気に入りの作品でございましたよ、おっさんは。

ラストは切なさと、やるせなさが残る作品なので、観る人にとっては、バッドエンドとして捉えてしまうかもしれません。

けれど、おっさんは、そう受け止める事はありません。

すごく綺麗なハッピーエンドだったと思うのですよ。

最後にヒロインがチョイスした選択肢を、あなたは、どのように見ますか??

という事で、今回は『探偵はBARにいる3』のネタバレあり感想を書いていくんだぜ?

本作を未見の方は、今回の感想はスルーしてくださいね。




tantei-bar3_2



予告編動画





あらすじ

蟹を運んでいたトラックの運転手が何者かによって襲撃され、蟹を奪われてしまう。偶然、その場にいた女子大生は、行方をくらませる。

その女子大生の恋人が、彼女と連絡がつかないため、高田に相談。高田は探偵に仕事を依頼するのだった。

そんな小さな仕事を思いつきで引き受けた探偵だったが、この失踪事件の裏には、あるモデル事務所とその背後にある組織が絡んでおり、巨大な陰謀が蠢いているのだった。




スポンサーリンク




ネタバレなし感想

『探偵はBARにいる3』のネタバレなし感想:おっさん的にシリーズで一番面白かった


ネタバレあり感想

人生の意味を考えた事はある?

本作は、一応、ミステリーのていをとっています。が、犯人の目星は、すぐについてしまいます。そして、ほとんどの人の推理は的中するでしょう。

という事は、本作の肝は、そこじゃないって事なんですね。

『探偵はBARにいる3』で繰り返し言及されるのは、「人生の意味」です。

本作では、三人の人物が、それぞれの人生について考えています。

ヒロインのマリは、余命わずかで、残りの人生を、ある子どもを救うために捧げます。それこそ、手段は選ばない。自分を苦しめた者を道連れにして、自分の目的を達成します。もはや執念とも言うべきでしょうね。




本作のもう一人のヒロインである諏訪麗子も、運命の男性と出会い、結婚を考えるようになります。

映画では、当初、恋人の男性を快く思っていないのでは?って感じで描写されているのです。

それは恋人の男性が、いまいちパッとしないから。男前ではないし、普通の女性なら、失礼ながら選ばないだろうという容姿。

けれど、彼は、麗子の琴線に触れたんでしょうね、この男性と未来を一緒にしたい!って強く思っていて、ラストにその事がちゃんと描写されています。

麗子はこれから幸せな時間を過ごす事でしょう。




そして、高田にも転機が訪れます。海外に行く事になる事を、探偵は高田の後輩から聞かされます。

今まで通りの関係が微妙に変わる。高田もズルズルと探偵の仕事をしているように思えて、ちゃんと人生を考えている。




それに反して、探偵はすでに人生を定めているようで、本作では特に触れられておりません。

自分の人生を決めている、おそらく、ろくな幕引きではないだろうと考えているのでは?って、そんな風に感じました。

揺るがない探偵と、3人の人生。対照的に描かれていて、鑑賞後に自分自身に問いたくなりました。自分の人生の意味とは?




それにしても、ヒロインのマリが、なんの関係もない病気の女の子の手術代を寄付することに、人生の意味を見出すストーリーは、すごく切ない。

けれど、彼女はきっと満足したのだと思います。だからこそ、おっさんは、本作のエンディングについて、ハッピーエンドだと考えているんですけどね。




レビューや評価

時間もお金も費やして出掛けたことに,なんの後悔もない一本。
ちょっとしたカッコ良さと緊張感と笑い,そして美女。
大泉洋,松田龍平のコンビは相変わらず淡々と役割をこなした。
結果,北川景子も良い方向に引き寄せられ,映画女優としての存在感をみせた。これが現時点での彼女のベストになると思っている。
奇を衒わない堅実な演出も確かで,安心して物語世界に浸ることができる。

安定の面白さ。安心して見ていられる。

シリーズ中一番面白いとの評判に期待していたのですが、そこまでじゃなかったかなぁ。


YAHOO!JAPAN映画『探偵はBARにいる3』




今回の感想のまとめ

いい感じの仕上がり具合に、おっさんは大満足でございます。

このまま、このシリーズは、ブレないで続けていって欲しいですね。

次回作はいつ頃の公開になるのでしょうか。待ち遠しい限りです。




という事で、『探偵はBARにいる3』のネタバレあり感想でした。

それでは、しーゆー!!




この記事がイイネ!と思ったら下のブログランキングボタンをクリックして頂けると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ



★ノベライズ版。原作小説ではありません。




【関連記事】

『幕末太陽傳』の感想/全てが計算された白黒時代劇だよ!でもチャンバラないよ!