ブログネタ
映画に関すること に参加中!
奴らは進化した。



今回ご紹介する映画:『スターシップ・トゥルーパーズ2』
原題:『STARSHIP TROOPERS 2: HERO OF THE FEDERATION』
製作:2003年アメリカ
日本公開日:2004年6月12日
上映時間:92分
オススメ度:★★★三ツ星




予告編動画





あらすじ

昆虫型の宇宙生命体であるバグズと人類の戦闘が激化する近未来。

バグズのいる惑星で交戦していた地球連邦軍の中隊は、バグズの猛攻撃にさらされていた。

中隊は目的を果たせないまま退却を余儀なくされる。

レイク軍曹らは、近くに無人基地の存在を確認し、中隊はそこへ避難する事に。

なんとか生き延びた中隊。さらにしんがりを務めた将軍も、他の生存者を連れて、基地に合流。

あとは救援を待つだけだったのだが、不穏な動きをする者が、基地の中にいたのだった。




スポンサーリンク




どーも、四十郎のおっさん999です。

子供の頃に鑑賞して忘れられない映画というものは、色々ありますが、その中に『スターシップ・トゥルーパーズ』という映画があります。

SF映画で、バグと呼ばれる昆虫型のエイリアンと人類の戦争を描く作品。原作は有名な『宇宙の戦士』ですが、内容はアレンジされているようです。

エンタメ映画に風刺を忍ばせる事に定評のある、ポール・バーホーベン監督の代表作のひとつでして、バグと歩兵の圧倒的な戦闘描写が、目に焼きつく、そんな作品です。




何年かして、いきなり続編が登場。劇場公開された気配がなかったため、DVDになって初めて気がついたのを、今でも覚えています。

完全に地雷ではないか!って感じで、この映画を以前、見た事がありまして、その時、正直なところ、「悪くないやん?」って気持ちになりました。

今回、改めて鑑賞したのですが、ぶっちゃけ、わたし、1作目よりこの作品の方が好きだったりします。

そんな訳で、今回は『スターシップ・トゥルーパーズ2』のネタバレなし感想を書いていくんだぜ?




今回利用した動画配信サービス


Amazonプライム・ビデオ




スタッフ

監督:フィル・ティペット
脚本:エド・ニューマイヤー
原作:ロバート・A・ハインライン
製作総指揮:グレン・S・ゲイナー
製作:ジョン・デイヴィソン




役名:出演者(日本語吹き替え版声優)

V.J.ダックス大尉:リチャード・バージ(手塚秀彰)
レイ・サハラ二等兵:コリーン・ポーチ(葛城七穂)
パブロフ・デイル中尉:ローレンス・モノソン(咲野俊介)
ディディ・レイク軍曹:ブレンダ・ストロング(唐沢潤)
ジャック・シェパード将軍:エド・ローター(益富信孝)
ジル・サンディ二等兵:サンドリーヌ・ホルト(恒松あゆみ)
チャーリー・ソーダ二等兵:ケリー・カールソン(松谷彼哉)
アリ・ペック技術軍曹:J.P.マノックス(丸山純路)
ジョー・グリフ伍長:エド・クイン(奥田啓人)







おっさんのネタバレなし感想

1作目とは異なるアプローチで、バグの脅威を描いた本作。

ちゃんと前作の設定や世界観を踏襲しながら、続編としてちゃんと成立させている点は、非常に好印象ですね。

バグの怖さは前作でありったけ描写していたので、本作ではどのようにして新しい恐怖を見せてくれるのか?という期待にも、しっかり応えてくれているので、とてもクオリティーの高いB級映画となっています。

アイデアそのものはシンプルでありきたりながら、
スターシップ・トゥルーパーズ』で、このアイデアをやりきった事に拍手を送りたいです。



良いところ

新しいバグの恐怖

先程も書きましたが、この映画ではバグの新しい恐怖を描いております。

前作のような、圧倒的物量と力を鑑賞したい人にとっては、この映画はあまりにも物足りない事だと思います。

しかしながら、前作である程度、そのあたり満足しちゃった人であれば、本作をお勧めする事ができます。

一発芸的なアイデアではありますが、1作目とは違うバグの怖さ、生物の恐ろしさを感じる事ができました。




ST2_1


わかりやすい

1作目は、時間軸が飛んだり、主人公が3人いるため、状況が掴みにくかったり、ちょっとわかりにくい作品のように、わたしは感じました。まぁ、宇宙戦争ですからね、仕方ないのですが。

そこにきて、本作は全体的にスケールダウンした事により、ある程度、状況がわかりやすくなりました。

登場人物が相変わらず多いのが難点ではありますけど、それぞれ、ある程度の特徴があるので、まっいっか。

スケールを縮小した事がプラスに働くという、珍しい作品でした。




悪いところ

昆虫型バグはそんなに登場しない

本作では人よりちょっと大きい、ハッスルしているレギオンみたいなバグは、それほど登場しません。最初と最後だけなんですよね。

だから、1作目のようなテイストを期待すると、さぞかしガッカリする事でしょう。

それなら、本作ではなく、3作目を見た方がいいです。あれは、1作目を意識して作っているので。

本作はSF映画や本シリーズが好きな人向けではなく、一般的なB級映画好きにむけて制作されているように思います。

ご自分の映画の趣味を考慮して、鑑賞するかしないかを判断頂いた方が良いですね。




ST2_2



武器がちょっと

一番引っかかる点がこれ。

1作目と、武器がほとんど変わっていないように思います。

力に圧倒的な差があるのだから、歩兵が使用する武器くらい、強力なものに変更したり、開発したりするだろうって思うわけです。

しかも、アメリカだけが戦っている訳ではなくて、人類が一丸となってバグと戦っているのだから、そのへん、もうちょい、考えて欲しかったかな?




今回のネタバレなし感想のまとめ

ST2_4

それなりに満足感のある映画です。

1作目よりは、個人的に見やすくなったと思うんですけどね。

あ、虫が嫌いなら、この映画、絶対に見ない方が良いので、お気をつけくださいまし。




という事で、今回は『スターシップ・トゥルーパーズ2』のネタバレなし感想でした。

それでは、今日はこの辺で。

しーゆー!




この記事がイイネ!と思ったら下のブログランキングボタンをクリックして頂けると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ




ネタバレあり感想




【関連記事】

グロテスクな物語だけど引き込まれる秀逸な映画『アナイアレイション -全滅領域-』のネタバレなし感想

おっさん999とは?

おっさんのプロフィール