ブログネタ
映画に関すること に参加中!
どーも、おっさんです。

最近、YouTubeで投稿した短編動画が長編映画としてリメイクされ、その短編を製作した人がプロデビューを果たすケースがありますね。

閉鎖的で保守的な日本の映画業界では、こういった事は出来ないでしょうけれど、海外では今後もこういう動きが加速していくのではないでしょうか。

映画監督だけでなく、シナリオライターや俳優さん、アーティストなどなど。

クリエイターにとっては世に出やすい環境になりましたねぇ。




さて。

短編動画は、特に整合性がなくても成立しますけれど、長編映画になると、理由付けなどに苦労するのでしょうねぇ。

同じような経緯で長編作品となった『ライト/オフ』は、そのあたりを上手に料理した訳ですが、本作は失敗してしまった例となります。

ラスト直前までは、おっさん的には本当に良かっただけに、残念無念でございます。




という事で、今回は『セルフィー・フロム・ヘル』のネタバレあり感想を書いていくんだぜ?

未見の方は、今回の感想はスルーしてください。








スポンサーリンク




ネタバレなし感想

自撮りを題材にした雰囲気ホラー映画です。『セルフィー・フロム・ヘル』のネタバレなし感想


ネタバレあり感想

『ライト/オフ』のようにはいかない

『ライト/オフ』でのゴーストの正体は、体を亡くした女性(亡霊ではない)でしたけれど、本作における「謎の影」も似たようなものなんですよね。

劇中において、明確にはされておりませんが、謎の影の正体である男性は、一度命を落とした後に悪魔に肉体を乗っ取られたのかもしれません。

だから、カメラには男性の顔が映し出されていなかったのかしらって感じです。




ただ、カメラに顔が映らない点が、セルフィーと繋がるのかなって期待していたので、そこは全く関係なかったのは残念でした。

影の正体が明かされるのはいいですが、なぜ自撮りした時にしか影は現れないのか。

このあたりの理由の方が、よほど気になる訳ですけど、この点については言及されず、ガッカリしました。

本作最大の肝であった部分に触れなかったため、イマイチなラストになってしまい、結果、この点が失敗につながっちゃいました。

『ライト/オフ』は、そのあたりをちゃんと劇中で示しましたからね。

ぶっちゃけ、影の正体の方はスルーできますから、自撮りと影の関係性を、もっともっと深く掘り下げて欲しかった。




終盤に整合性がなくなる

超自然現象として現れる謎の影がセルフィーをする人を襲う本作。

終盤になって、「フィアー・イーター(恐怖喰い)」と名乗る男も一緒になって主人公に襲いかかってきます。




生きている人間も怖いやん??って感じの西洋的ホラーはよいのですが、この男が襲撃してきたにしては、説明できない部分が、終盤になり登場します。

主人公が落としてしまった小麦粉?にサインが残されるという現象は、明らかに謎の影の仕業だけど、その直後に主人公の前に登場したのは「フィアー・イーター」。

うん?あのサインは彼が書いたの??

そうなってくると、なんか色んな事がゴチャゴチャしてきます。大混乱。

「あれれ?もしかして、全部、こいつの仕業なのか??」って首を傾げてしまい、けれど違っていたり。。。




とにかく終盤で、一気に意味不明になってしまったのが残念でした。

オチについても、今までのシーンが走馬灯のように観客に示されますが、映像とセリフが何ひとつとしてつながらず、結局一体何が何だったのか、理解できずに終わってしまいました。

終盤直前までは、おっさん的には、本当に良質なB級ホラー映画だったのに、本当に勿体無い事したなぁって印象。

終盤の出来があまりにも酷いため、ちょっとオススメしにくい映画に仕上がっています。




今回のネタバレあり感想のまとめ

「おっ、これは意外な掘り出し物か??」ってウキウキした、おっさんの気持ちを返してください。。。

なかなか上手にいかないものですなぁ。

ラストは酷いけれど、鑑賞して損したとは、わたしは思わない作品で、まぁ個人的には普通って感じですかね。

強くオススメはしませんが、興味のある方は、一度チャレンジしてみてください。




という事で、『セルフィー・フロム・ヘル』のネタバレあり感想でした。

それでは、しーゆー!!




この記事がイイネ!と思ったら下のブログランキングボタンをクリックして頂けると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ







【関連記事】

『バイバイマン』の感想/久方ぶりの都市伝説系しちゃいけないホラー映画で面白いよ!

おっさん999とは?

おっさんのプロフィール


おっさん999へ連絡