ブログネタ
映画に関すること に参加中!
誰も許さない。



今回ご紹介する映画:『囁く怨霊』
製作:2000年日本
日本公開日:???
上映時間:1時間17分
オススメ度:★★(二つ星)




予告編動画





あらすじ

歩道橋で通り魔事件が発生した。その事件を取材していた新聞記者の久美子。取材を続けていくうちに、久美子は事件の目撃者と出会うのだった。



スポンサーリンク




(´・ω・`)

どーも、四十郎のおっさん999です。

今回は、2000年頃に制作されたっぽいVシネマホラー『囁く怨霊』について書いていきたいと思います。

制作されたっぽいというのは、アマゾンのページでは、公開日?が2012年になっていたのに対し、映画のエンディングのクレジットでは、「2000年アートポート」となっているんですね。

なので、おそらく2000年に作られた作品のはず。アマゾンの公開日は、アマゾンでの動画配信がスタートした日なのかもしれません。




さて。

本作は日本映画となります。もしかして、邦画ホラーって久しぶりかしらん??

タイトルだけ見ても、正直、ピンとこなかったのですが、とあるシーンを見て、「あ、これ、観た事はあるわ」と思い出しました。

だからといって、内容の記憶は蘇ってこないということは・・・。

という訳で、今回は、Vシネマである『囁く怨霊』のネタバレなし感想を書いていきます。




今回利用した動画配信サービス


Amazonプライム・ビデオ




スタッフ

監督:渋谷和行



キャスト/出演者(役名)

三輪ひとみ、堀越のり、他






おっさんのネタバレなし感想

本作を通して訴えたいものは、なんとなくわかります。わかりますけど、かなり回りくどいストーリーで、ちょっと退屈でございました。

広がりのない事件、進展のない人間関係。

全体的に地味で、ホラーというよりは、怪談寄りのテイストでした。

ザ・玄人向けな作品ですね。

ホラー映画として観ると、失敗する。そんな映画でした。




良いところ

映像の雰囲気は、昔ながらの邦画ホラーといった感じで、映画好きなら、許容範囲といったところ。

観た人にしかわからない、ちょっと不安になる安定しないVシネマホラーは、今の邦画ホラーにはない部分で、懐かしい気分になりました。

『富江』もそうですが、2000年頃の作品は、良い雰囲気を楽しむ事ができます。




悪いところ

映像は意外にも頑張っているところ、それを打ち消しているのが、脚本です。

かなり雑なシナリオでして、そこがかなり残念でした。

物語が回りくどく、一体、なにを描きたかったのか、さっぱり。

警察への批判、事件の被害者へのプライバシー問題、さらにはストーカー問題。

言いたい事がとっ散らかっていて、不完全燃焼感が半端ありませんでした。




今回のネタバレなし感想のまとめ

映画鑑賞初心者の方、邦画が苦手な人、さらにはVシネマはちょっと・・・という人には向いていません。

ほんとうに、玄人向けの映画でした。

人を選ぶ作品でしたねぇ。




という事で、今回は『囁く怨霊』のネタバレなし感想でした。

それでは、今日はこの辺で。

しーゆー!

(´・ω・`)ノシ




この記事がイイネ!と思ったら下のブログランキングボタンをクリックして頂けると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ





ネタバレあり感想



【関連記事】

肌に粘りつくかのような邦画ホラー特有の雰囲気を楽しむ『富江』のネタバレなし感想