今回ご紹介する映画:『貞子vs伽椰子』
オススメ度:★★★★★(五つ星!)


予告編動画




『貞子vs伽椰子』のあらすじ

女子大生の有里(山本美月)は、あるビデオを再生する。それは、観た者に貞子から電話がかかってきて、2日後に死ぬという「呪いの動画」だった。一方、女子高生の鈴花(玉城ティナ)は引っ越し先の向かいにある「呪いの家」に入ってしまう。霊媒師の経蔵(安藤政信)は二つの呪いを解くために、呪いの動画の貞子と呪いの家に居る伽椰子を激突させようとするが……。
by シネマトゥデイ 『貞子vs伽椰子』


『貞子vs伽椰子』公式ホームページ


スポンサーリンク



ついに6月18日に公開した期待の超B級映画にしてネタ映画『貞子vs伽椰子』を、MX4Dで鑑賞してきました。前売り券には、コップのふちこ公認のグッズが付属していて、ガチャガチャでも、なんか出して欲しいなぁなんて、思っております。意外とかわいいやつだったんですよね、あれ。前売り買っとけば良かった。

さて、今回は『貞子vs伽椰子』の感想を<ネタバレなし>で書いていきます。興味のある人は、このブログを読む前に、いますぐ映画館へ行くんだ!さぁ、早く!!



『貞子vs伽椰子』映画情報

世界でも評価の高いJホラーの2大キャラクター、『リング』シリーズの貞子と『呪怨』シリーズの伽椰子の対決を描くホラー。貞子と伽椰子、さらには『呪怨』シリーズの俊雄も絡み、恐怖のキャラクターたちによる衝突を活写する。主演は、『東京PRウーマン』などの山本美月。監督には『戦慄怪奇ファイル』シリーズや『ボクソール★ライドショー~恐怖の廃校脱出!~』などの白石晃士。Jホラー界を代表するキャラクターたちの対決の行く末に期待。(上映時間1時間39分)

by シネマトゥデイ 『貞子vs伽椰子』


『貞子vs伽椰子』のスタッフとキャスト

スタッフ
監督・脚本:白石晃士
エグゼクティブプロデューサー:井上伸一郎、高木ジム
製作:堀内大示、桜井秀行
製作幹事代表:菊池剛
プロデューサー:今安玲子、山口敏功、平田樹彦
協力プロデューサー:小林剛
共同プロデューサー:福島聡司
音楽:遠藤浩二
ラインプロデューサー:田口雄介
撮影:四宮秀俊
照明:薪苗友一郎
美術:安宅紀文
録音:湯脇房雄
編集:和田剛
キャスティング:おおずさわこ
助監督:大峯靖弘
製作担当:村松大輔
スタイリスト:小里幸子
ヘアメイク:村木アケミ
装飾:山田智也
特殊メイク・造形デザイン:百武朋
VFXスーパーバイザー:村上優悦
音響効果:大河原将
スタントコーディネーター:吉田浩之
スクリプター:大西暁子
スチール:コイケタカ
主題歌:聖飢魔II

キャスト
倉橋有里:山本美月
高木鈴花:玉城ティナ
上野夏美:佐津川愛美
高木史子:田中美里
森繁新一:甲本雅裕
常盤経蔵:安藤政信
珠緒:菊地麻衣



『貞子vs伽椰子』の感想

もうね、予想を超えて面白かった。期待以上でしたよ!

ストーリーそのものは、予想通りだったんですけどね。でも、目の前で、あれだけ荒唐無稽な展開が繰り広げられると、予想通りでも、無茶苦茶、面白く、そして楽しめる映画になるんですねぇ。

邦画で、このような映画を観ることができるなんて……。とても幸せです。まさしく『フレディVSジェイソン』でしたよ!!

超オススメ!!



『貞子vs伽椰子』の良いところ

とにかく展開が早い。無駄なシーンは、はっきり言って存在しなくて、本当に最初から最後まで、この映画の世界を楽しむことができるようになっています。

貞子の設定、そして伽椰子の設定もオリジナル版から上手に変更しています。これは時間内に、ちゃんとストーリーを進めるための改変で、ちゃんとオリジナル版の雰囲気を継承しながら、オリジナル版を知っていると、ニヤリとできるような、そんな風に変更されています。この変更が上手に機能しているため、ストーリー展開が非常にスピーディーで、ラストまで飽きることがありませんでした。

前半には、貞子と伽椰子、それぞれの見所がちゃんとあって、後半では二人のバトルがギャグのように展開されていきます。きちんと最初にホラーをやって、後半では笑わせる(映画そのものは真面目ですよ?)という作りになっているのは、本当に素晴らしい限りです。

予想通りの展開だし、予想通りの結末でしたけど、お約束展開だからこそ面白いという、すごく珍しい感想を抱く作品に仕上がっています。



『貞子vs伽椰子』の悪いところ

強いて悪いところを挙げるとするなら、対決があまりないところでしょうか。私はとても満足なんですが、もう少しVSして欲しいって人がいるかもしれません。

個人的に悪い点はなかったので、これくらいしか、思いつきませんねぇ。



『貞子vs伽椰子』のまとめ

正直なところ、MX4Dである必要性はないので、通常の2D上映でも問題ないと思います。まぁ、MX4Dなら、それなりにビックリするシーンは結構ありますけどね。

個人的には、通常上映で、もう一回くらい、観に行きたいところ。本当に楽しかったです。ブルーレイが発売されたら、購入間違いなしだぜ!!


『貞子vs伽椰子』 ネタバレあり感想 期待以上のクオリティー



この記事がイイネ!と思ったら下のブログランキングボタンをクリックして頂けると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ