YAHOO!JAPAN映像トピックスで、あるショートムービーが紹介されていました。

タイトルは「REST」。

第一次世界大戦時に戦死したアメリカ兵が墓からよみがえり、はるか遠くにある場所を目指して旅にでるという物語。

ゾンビもののショートフィルムなのですが、内容が従来のゾンビ作品とは明らかに異なる、異色の作品です。

ストーリーの最後に、なぜゾンビになってまで旅をしていたのか、明らかになります。

物語に粗は当然ありますが、自主製作で、これだけクオリティの高いものができるとは、海外はやはりレベルが違いますね。



Rest (Zombie Cortometraje)



さて、今回ご紹介したい動画は「REST」ではなく、日本人が製作したショートムービーです。

タイトルは「友の呪い -Curse of Friend-」。

先ほどの「REST」のように物語に捻りはありませんが、やたら映像を撮りたいねん!編集したいねん!というパッションが伝わってくる、好感の持てるショートフィルムです。

「REST」とは予算などにおいて、圧倒的に劣っているのですが、ちゃんと東洋的なホラーを意識して製作されている、ド定番のホラー作品です。

「REST」はセリフのない作品で約12分もの長さがあり、人によっては途中で鑑賞を諦めるかもしれません。

しかし「友の呪い」は棒読みではありますが、ちゃんとセリフもあるし、約5分程度の長さなので、気軽に鑑賞する事ができます。

製作者さんたちは学生さんなんでしょうかね。これからもどんどんショートムービーを撮り続けて欲しいです。

個人的には「REST」より「友の呪い -Curse of Friend-」の方が好みだったりします。



【閲覧注意】友の呪い -Curse of Friend- (ショートムービー)


Youtubeを見てみると、色々なショートムービーがアップされていて楽しいですね。

今後も、面白いショートムービーを発見したら、ご紹介したいと思います。


この記事がイイネ!と思ったら下のブログランキングボタンをクリックして頂けると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ