ブログネタ
映画に関すること に参加中!
どーも、おっさんです。

予告編の内容と本編が、あまりにもかけ離れていて、びっくり。

それが本作、園子温版『リアル鬼ごっこ』です。




鬼ごっこをしないどころか、『神さまの言うとおり』のように、ゲームで戦う訳でなく、ただただ主人公が襲撃されるだけの作品。

ゲームであれば、ルールがあり、そこから形成逆転の展開も可能です。

しかしながら本作は、そのような物がないため、ひたすらに主人公が泣き叫び、逃げるだけの映画でした。

いやぁ、辛かった。。。




そんな訳で、今回は『リアル鬼ごっこ 2015年版』のネタバレあり感想を書いていくんだぜ?

未見の方は、今回の感想は、スルーしてください。








スポンサーリンク




ネタバレなし感想

園子温監督だけが大満足した映画?『リアル鬼ごっこ 2015年版』のネタバレなし感想


ネタバレあり感想

題材とテーマがミスマッチ

オチそのものが意味不明なので、上手く書けないですけど、『リアル鬼ごっこ』と並行世界、そして女子高生限定という3つの要素が上手く噛み合っていないのが、観終わって、一番気になりました。

『リアル鬼ごっこ』と並行世界、『リアル鬼ごっこ』と女子高生、並行世界と女子高生。

ふたつの要素の組み合わせであれば、何も問題ないのですが、これら3つを組み合わせようとすると、途端に齟齬が発生するみたいです。

女子高生だけに的を絞ったりした点はいいのだけど、それが上手く作用しておらず、結果、残念な作品になりました。




変なところで、高尚であろうとした点もマイナスでしたね。

もうちょっとシンプルにして、かつ煮詰めれば、ふつうに面白いものが出来上がったはずですが、監督のプライドが前面に出てしまった形。

作品が可愛そうですな。




結局なんだったのか

オチがとにかく意味不明な本作。

うーん、わたしの頭が悪いのかもしれないのですが、クローンを使って、デスゲームを楽しんでいたという事ですかね。

そうであったとしても、別の肉体へ意識が移動している点が、おっさんとしては不可解でして、なんともよくわからんです。

最後まで非常にモヤモヤする作品なので、スッキリしない作品が苦手な人には、絶対にオススメしない作品です。




レビューや評価

よく考えずに適当にやりたいことだけやって、あとは無理矢理それっぽくまとめた だけ の映画。

そもそもこれをどんなスタンスで観れば良いのかが分からない、B級おバカホラーにしては笑えないしスプラッター映画にしては残酷描写はお粗末過ぎ。

なんだか悲しくなる作品でしたね。


YAHOO!JAPAN映画『リアル鬼ごっこ』




今回のネタバレあり感想のまとめ

予告編が本編というくらい、予告編の方が面白い本作。

もしかしたら、映画会社も本編を観て「これはダメだ」と思い、予告編で嘘を散りばめたのかもしれません。

それはやっちゃいけないですけどね。

あの予告編を観て、映画館へ足を運んだ人が、本当に可哀想になる映画です。

とりあえず、園子温監督と相性が悪いという事がわかっただけでも、良しとするか??




という事で、『リアル鬼ごっこ 2015年版』のネタバレあり感想でした。

それでは、しーゆー!!




この記事がイイネ!と思ったら下のブログランキングボタンをクリックして頂けると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ









【関連記事】

『神さまの言うとおり』の感想/設定が残念すぎる、そこそこ面白いB級映画

おっさん999とは?

おっさんのプロフィール


おっさん999へ連絡