ブログネタ
映画に関すること に参加中!
シュールに負けるな!



今回ご紹介する映画:『リアル鬼ごっこ』
製作:2015年日本
日本公開日:2015年7月11日
上映時間:1時間25分
オススメ度:☆☆☆☆☆(ほしなし!)




予告編動画





あらすじ

修学旅行中の女子高生ミツコは、クラスメートとバスで移動中、<風>に襲撃される。

クラスメートはみんな真っ二つになってしまい、生き残ったミツコは、<風>から必死に逃げる。

気がつくと、見知らぬ女子高生たちが自分に親しげに声をかけてきて、ミツコは知らない学校へたどり着くのだった。




スポンサーリンク




どーも、おっさんです。

本作は、国内の評価が高い園子温さんが監督と脚本を務めています。

おっさんは、園子温監督の作品には縁がなく、本作が初鑑賞となりました。

また、『リアル鬼ごっこ』も小説は昔に読んだ事はあるけれど、映画版とテレビ版は見ていない。

そんな状況です。




それにしても、映画シリーズが終わり、もう映像作品は出ないと思っていたところへ、やたら有名な監督が『リアル鬼ごっこ』を発表したもんですから、公開当時から、興味はありました。

ただ、ターゲットが佐藤さんから女子高生に変わって、個人的には「うーむ」って思ってしまって、結局、今まで鑑賞には至らない。そんな感じでした。




色んな意味で発表当時、物議を醸した小説を、園子温監督がどのように料理するのか。

興味津々でしたが、なんと、園子温監督は小説は読まず、タイトルの響きからインスピレーションを得て、本作を作ったそうです。

えぇ。。。

だったら、全く別物じゃあないですかね??




そんな訳で、今回は、やたらと評価の低い『リアル鬼ごっこ 2015年版』のネタバレなし感想を書いていくんだぜ?



今回利用した動画配信サービス


Amazonプライム・ビデオ




スタッフとキャスト

監督・脚本:園子温
原作:山田悠介
企画プロデュース:柴田一成
プロデューサー: 谷島正之、稲垣竜一郎、大野貴裕


役名:出演者
ミツコ:トリンドル玲奈
ケイコ:篠田麻里子
いずみ:真野恵里菜
アキ:桜井ユキ
ジュン:高橋メアリージュン
むつこ:磯山さやか







おっさんのネタバレなし感想

ええとですね。

一言でいうと、面白くもなんともない、という正直なところ。

題材はエンターテインメント向きであるのに対し、園子温監督はエンタメ向きの人ではないのかもしれません。

演出や映像構成、シナリオ。

どれをとっても、エンタメとは程遠く、舞台演劇向けではないかと感じました。




脚本は無茶苦茶で、昨今のZ級邦画ホラーでもやらない事を、平気でしでかしていまして、もはや、映画ですらないのではないか?とさえ、思えてしまいます。

それくらい、物語は破綻していました。




破綻した物語を映像で制作してしまうと、自主制作映画以上に痛々しいものに仕上がってしまいます。

しかし、演劇であれば、ライブ感が観客に感動を与え、どんなに支離滅裂なものでも、楽しめるのです。

そういう意味でも、少なくとも、この映画は舞台演劇でするべきでした。

CGとかも、ほとんど使われていないし、演劇の方が、きっと、もっと面白かったに違いない。




それにしても、こんな企画をよくゴーしたなぁ。

それが、とにかく怖い、恐い。。。




良いところ

女の子がたくさん登場する

本作の唯一の良いところは、あれですかね。

女の子、女性がいっぱい登場するという点でしょうか。

園子温監督の趣味が全開なんでしょうか。

この監督、もっと硬派なイメージがありましたけど、すごい男子高校生、いや男子中学生みたいな欲望があるんですかねぇ。

その趣味が笑えない感じで、すごく寒いですけれど、まぁ、可愛らしい女の子やクールな女性を堪能できるので、男性にはオススメできます。

ただ女性は、この映画を観て、どう思うんでしょうか?




悪いところ

グロ注意

園子温監督の趣味全開パート2、でしょうかね。

グロい描写が割と多いのが気になりました。

これらの描写が必要であれば、まだ良いのですが、スプラッターシーンを無理矢理いれた感じがしました。

そして、無理矢理に登場するスプラッターシーンの数々は、ホラー映画好きが生み出すようなものではなく。

「スプラッターって、こんなものだろう??」って、すごく適当に作られている感じ。

園子温監督の、作品に対する愛とか、そういうものが一切感じられないのが非常に問題です。

ですから、それらのシーンを観ても、何も感じられないんですよね。




恐怖や不気味さ。不条理感。絶望感。本当にナッシング。

結局のところ、園子温監督は、スプラッターシーンを入れないと、本作を完成させる事ができなかったという事でしょうか。




意味がわからない

意味深なセリフ、意味深なシーンの数々。

これらが全て回収・・・される訳もなく。

さらには、結局のところ、オチを見せられても、全く理解できない。

1時間25分もの間、観客は一体なにを見せられていたのか。

考察しようにも、手がかりやヒントがなさすぎて、何がなにやら。

完全に監督の自己満足映画となっておりました。

あぁ、芸術性の高い映画は理解できませぬ。




今回のネタバレなし感想のまとめ

色々と書きたい事はありますが、それはネタバレありの感想にて、改めて書き綴りたいと思います。

それにしても、タイトルに鬼ごっことついているのに、鬼ごっこしていないのは、いかがなものでしょうね。

色んな意味で解せぬ映画でした。




という事で、今回は『リアル鬼ごっこ 2015年版』のネタバレなし感想でした。

それでは、今日はこの辺で。

しーゆー!




この記事がイイネ!と思ったら下のブログランキングボタンをクリックして頂けると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ






ネタバレあり感想

タイトル詐欺だしオチも酷い映画『リアル鬼ごっこ 2015年版』のネタバレあり感想


【関連記事】

『伝染歌』の感想 大島優子主演の全てが迷子の映画

おっさん999とは?

おっさんのプロフィール


おっさん999へ連絡