ブログネタ
映画に関すること に参加中!
どーも、おっさん999です。

現在、新しいブログ「四十郎おっさんによる映画感想まがい」をポチポチ更新中。『オーヴァーロード』『ラ・ヨローナ~泣く女~』『アベンジャーズ/エンドゲーム』の感想を書いております。

興味のある方は、お手数ですが、「四十郎おっさんによる映画感想まがい」へお越し頂けたらと思います。





記念すべきシリーズ1作目。全てはここから始まった。



さてさて。

以前、おっさんも感想を書いた事があるカルト・ムービー『ヘルレイザー』ですが、この度、ついにリブートされる事になったそうです。

『ヘルレイザー』とは、イギリスの小説家であるクライヴ・バーカー氏が発表したグロテスク・ダーク・ファンタジーとなります。以前は、彼自身が監督と脚本を手がけ、手堅い暗黒的幻想ホラーを作り上げておりました。




今回のリブート版、脚本を手掛けるのは、『ブレイド』シリーズや『ダークナイト』トリロジーで知られるデヴィッド・S・ゴイヤー。彼は製作も兼任するとの事。

監督としての彼の資質は、ぶっちゃけたところ、特筆すべき点はなく平凡な才能です。一方でシナリオライターとしては抜群の才能を発揮するクリエイターなので、監督ではなく脚本と製作を担当するというのは、とても良い判断だと、おっさんは感じます。

デヴィッド・S・ゴイヤー氏が、『ヘルレイザー』の世界観をどのように再構築するのか。ダークファンタジーという原点回帰をするのか、もしくはスプラッター、スラッシャー映画的要素を盛り込んだホラー映画になるのか。彼は、そのどちらにも舵を切れる人なので、今から楽しみです。




それでは、今日はこの辺で。

しーゆー!




参考記事

シネマトゥデイ様:カルトホラー『ヘル・レイザー』がリブートへ!




関連記事

『ヘル・レイザー』の感想/意外としっかりしたホラー映画だけど気持ち悪いシーン多め


おっさん999とは?

おっさんのプロフィール



おっさん運営ブログ