ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
それに呼ばれたら、終わり。



今回ご紹介する映画:『来る』
製作:2018年日本
日本公開日:2018年12月7日
上映時間:134分
オススメ度:★★★☆☆(三ツ星)




予告編動画





あらすじ

東京の商社に勤務する田原は、妻の香奈と一人娘の知紗の3人で暮らしていた。

しかし、知紗が生まれた日を境にして、田原の周辺に奇怪な出来事が発生する。

憔悴した田原は親友の民俗学者である津田に相談。津田は金になればなんでも書くフリーライターの野崎を田原に紹介する。

話を聞いた野崎は直感で、田原の周辺を脅かしている者が化け物であると察知し、自分が知る中で、最強の霊媒師を田原に紹介することに。

そして、田原の前に現れた霊媒師は、比嘉真琴というキャバ嬢だった。




スポンサーリンク




(´・ω・`)

どーも、四十郎のおっさん999です。

昨年末に『来る』という邦画ホラーを鑑賞しました。

最初は観るつもりはなかったのですが、予告編を観て、そして原作の『ぼぎわんが、来る』という小説が第22回日本ホラー小説大賞を受賞していると知って、時間を作って観に行った次第です。

予告編を観る限りでは、どうやら『バイバイマン』っぽいのですが、どうなんでしょうかね。

そんな訳で、今回は『来る』のネタバレなし感想を書いていきませぅ。




今回利用した映画館

TOHOシネマズなんば



スタッフ

監督・脚本:中島哲也
原作:澤村伊智
脚本:岩井秀人、門間宣裕
製作:市川南
エグゼクティブプロデューサー:山内章弘
企画・プロデュース:川村元気
プロデューサー:西野智也、兼平真樹
制作プロデューサー:佐藤満
ラインプロデューサー:内山亮
撮影:岡村良憲
照明:高倉進、上野敦年
録音:矢野正人
美術:桑島十和子
装飾:西尾共未
スタイリスト:申谷弘美
チーフヘアメイク:山崎聡
音楽プロデューサー:冨永恵介、成川沙世子
キャスティングディレクター:元川益暢
VFXスーパーバイザー:柳川瀬雅英、桑原雅志
編集:小池義幸
記録:長坂由起子
助監督:高土浩二
制作担当:大塚健二




キャスト/出演者(役名)

岡田准一(野崎)
黒木華(田原香奈)
小松菜奈(比嘉真琴)
青木崇高(津田大吾)
柴田理恵(逢坂セツ子)
太賀(高梨重明)
伊集院光(スーパーの店長)
松たか子(比嘉琴子)
妻夫木聡(田原秀樹)
志田愛珠
蜷川みほ
石田えり




kuru-movie_A



おっさんのネタバレなし感想

思った以上にB級テイストの映画に仕上がっていて、そこはちょっとしたビックリでございました。

そこそこのグロ描写もありつつ、不気味な雰囲気も漂い、なかなかに怖い映画です。

映像化したいところだけをピックアップして、全力でビジュアルにしたという印象が強く、整合性や謎の解明には主眼が置かれていない点が、評価の分かれるところかもしれません。

面白いかどうか、で評価するのではなく、好きか嫌いかで評価する作品だと、おっさんは感じました。

おっさんとしては、好きな映画ではあるけれど、人にはおすすめしにくいかな?という感じです。




kuru-movie_2



良いところ

心地よい不気味さ

本作は3部構成になっておりまして、1部と2部については、ひたすら不気味な作品でございます。

この不気味さ、雰囲気映画が好きな人にとっては、すこぶる美しい気持ち悪さになっており、そういう系統の映画が好きな人であれば、どストライクではないかと思います。

また、ホラー映画のセオリーを守りつつも、観客を楽しませようという工夫がところどころに見え隠れしており、ホラー映画好きな私としては嬉しい印象。

CGでの演出も一部ありますが、それも気にならない程度で、全体的に邦画のホラー映画としてはクオリティーの高い作品であったと思いました。




演技がすごい

厳しい演技指導で有名な中島哲也監督なので、当然、役者さんのお芝居も半端ではありません。

細かい設定が気にならないといえば嘘になるのですが、それでもそれらをスルーできるのは、役者さんのお芝居に依るところが大きいですね。

映画でありながら、役者さんのパワーをスクリーン越しに感じる事ができる映画で、演劇が好きな人の方が、もしかしてハマるかな?




kuru-movie_3



悪いところ

置いてけぼり

とにかく、いろんな物事が置いてけぼりでストーリーが突っ走るので、整合性なんてナッシング。さらには観客に提示されている謎も華麗にスルーするので、一度細かいところに躓いてしまうと、映画を楽しめないというトラップが仕掛けられています。

わたしは、このブログを書くことで、ある程度のスルースキルを養ってきたつもりで、本作では謎よりも「どのように終わらせるのか」という方が気になったので、謎の解明には、それほどこだわりはありませんでした。

わからないところはスルーする、もしくは自分で考察する。

そういうふうに割り切って鑑賞しないと、失敗してしまう可能性が高い作品となっています。




kuru-movie_1



今回のネタバレなし感想のまとめ

本作の評価、もしかして、かなり低いんじゃないかな??って思っていたら、案の定ですね。

本作は最初にも書きましたが、面白いかどうかよりも、好きか嫌いかで判断する作品。

ということは、クセが強い映画という事なんですよね。

クセのある映画というのは、おおよその評価は低いものなので、「自分は良かったのになぁ」と思っても大丈夫です。

むしろ誇りましょう。

「おれはクセのある映画好き」なのだと!!!

・・・あまり誇りすぎると、アレですけどね。




という事で、今回は『来る』のネタバレなし感想でした。

それでは、今日はこの辺で。

しーゆー!

(´・ω・`)ノシ




この記事がイイネ!と思ったら下のブログランキングボタンをクリックして頂けると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ




↓こちらは原作小説でございます↓


ネタバレあり感想



【関連記事】

『のぞきめ』主演女優・元AKB48板野友美の演技が一番のホラーな映画

おっさんの運営ブログ

四十郎おっさんが綴る読書感想文まがい

次世代IMAXレーザーを楽しむ!

四十郎おっさんが綴る日常(アメブロ)


おっさん999とは?

おっさんのプロフィール


おっさん999へ連絡