ブログネタ
映画に関すること に参加中!
どーも、おっさんです。

30分経過して、ようやく本編がスタートする『KODOKU 蠱毒 ミートボールマシン』。

スプラッターあり、グロテスク描写あり、ブラックな笑いあり、悪趣味シーン満載のとんでもない映画でした。

であるにも関わらず、シリーズで一番映画しており、一番面白い仕上がりになっているという、なんとも摩訶不思議な作品。

なんともユニークでございます。




という訳で、今回は『KODOKU 蠱毒 ミートボールマシン』のネタバレあり感想を書いていくんだぜ?

未見の方は、今回の感想は、スルーしてください。








スポンサーリンク




第一作の感想

『ミートボールマシン オリジン』セルフリメイク版より面白いオリジナル版


高橋一生さん主演のリメイク版の感想

『ミートボールマシン』 情熱はほとばしるものの空回りしてしまった残念な映画


ネタバレなし感想

エグい映画を探してる?あるよ!『KODOKU 蠱毒 ミートボールマシン』のネタバレなし感想


ネタバレあり感想

オチが酷い、いい意味で

kodoku-mb

一番最初の『オリジン』のオチは、ある意味、オチがないというものでした。

けれど、作品にマッチした終わり方をしており、綺麗に終わったと、おっさんは感じました。

一方のリメイク版である『ミートボールマシン』は、『オリジン』を無理に説明しようとして自爆してしまったという印象が強い。

取って付けたような説明に、最後のオチはあまりしっくりこなかったというのが正直な感想でございました。




では、本作のオチはどうか?

というと、本作はシリーズで、一番意味がありませんでした。

今まで命を賭けて戦っていた人が全く報われないエンディングは、かなり人を選びまくるとは思いますが、おっさん的には作品にマッチしたものだと感じましたね。

変な格好した斎藤工さんが宇宙人に向けてテレビショッピングするという謎エンディング。

今までで、意味がないのに、強烈な印象だけが残る終わり方。

うむ、素晴らしいですな。




タイトルが秀逸

kodoku-mb9

今回、『ミートボールマシン』というタイトルは副題で、メインのタイトルは『蠱毒』。

蠱毒とは、呪術の一種で、様々な虫をひとつの容器に入れて、共食いをさせて、最後に生き残った生物を祀り、その毒をもって、相手を死に追いやるというもの。

本作ではネクロボーグ同士が戦い、最後に生き残ったネクロボーグが強い生命力を持つという事で、そのネクロボーグをもとに作られた滋養強壮剤が生み出されるというオチでした。

『ミートボールマシン』のストーリーを、蠱毒として捉えるという発想は面白く、「なるほど!」って膝を叩いてしまいました。

このタイトルは秀逸ですな。




レビューや評価

kodoku-mb8

後半は、アクションオンリーなので、頭を空っぽにしてそのアクションセンスを堪能するといいでしょう。

とてつもないエネルギーは強く感じるし、これだけ好き放題やりまくっているのは文句の付けようもないし、よくやり切ったとは思うのだが…

温い日本映画に慣れきっている連中の度肝を抜くこと必至。

人生に刺激が欲しい方にぜひオススメです。


YAHOO!JAPAN映画『KODOKU 蠱毒 ミートボールマシン』




今回のネタバレあり感想のまとめ

kodoku-mb6

結局のところ、人は愚かって事が言いたかったのか?まぁよくわかりませんけどね、作品の主題は。

とにかくやりたい事をやりきるというエネルギーは、今の日本映画業界には、あまりないパッションなので、これからも独自路線で活躍して欲しいですね。

わたしは、西村喜廣監督の他作品は観ないかもしれませんけれど。




という事で、『KODOKU 蠱毒 ミートボールマシン』のネタバレあり感想でした。

それでは、しーゆー!!




この記事がイイネ!と思ったら下のブログランキングボタンをクリックして頂けると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ









【関連記事】

『へんげ』の感想/自主製作映画の割には優等生的な作品にがっかり

おっさん999とは?

おっさんのプロフィール


おっさん999へ連絡