ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
どーも、おっさんです。

予想できなかった世界中でヒットを記録している映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』。

ブラックパンサー』も売れてますし、今年も、面白い映画がザクザク登場しそうですな。

そういえば、『ジュマンジ』は、3作目の製作が決定したらしいです。

<ジュマンジ>の起源に迫る?内容になるとかならないとか。

なんとも楽しみですな。




そんな訳で、今回は『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』のネタバレあり感想を書いていくんだぜ?

未見の方は、今回の感想はスルーしてください。




jumanji2a




スポンサーリンク




ネタバレなし感想

予想外の面白さ!オススメ!『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』のネタバレなし感想


ネタバレあり感想

ビデオゲーム要素があっても良かった

序盤でこそ、ビデオゲーム感のあるウィンドウが登場し、弱点や所有しているスキルを確認していましたけれど、それは序盤にしか登場せず、以降は劇中で活躍する場面はありませんでした。

せっかくビデオゲームの中に入ったのだから、このウィンドウがもう少し登場しても良かったかな??って感じました。

例えば、フリッジが持つ、アイテムが入っているリュックから物を取り出す際、中になにが入っているのか確認するためにウィンドウを呼び出すっていう流れがあっても良かったと思うんですよねぇ。

意外とビデオゲーム要素が少なくて、ジュマンジらしさというのが、少し足りないかな?っていう印象がありました。




ラスボスも、最後の最後に人外に変形しても良かったんじゃないかな??

また、ステージが始まる時に「ステージ1」とか、クリアしたら「ステージクリア!」とか、あっても良かったんじゃないかなぁ。。。

前作がボードゲーム要素満載だったので、バランスをとるために、敢えてゲーム要素を感じるものを少なくしたのかもしれません。

NPC(ノンプレイヤーキャラクター)も、ちょいちょい登場しますし、ライフも3つありますから、十分ゲーム要素はありますけどね。

欲をいえば……わがままをいえば……って感じです。




レビューや評価

葛藤と内輪もめの堂々巡り、活劇がなく紙芝居、超人的なスキルを与えても豚に真珠でアクションが弾けない。

ゲームの世界観をうまく表現しながら、バカバカしくおもしろい映像表現になっていた

最高に笑えます。


YAHOO!JAPAN映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』




今回のネタバレあり感想のまとめ

ロック様ことドウェイン・ジョンソンが気弱な役だったり、ジャック・ブラックのオネェ系?みたいなキャラクター(劇中では女性という設定)が、なんとも新鮮でございました。

カレン・ギランという女優さん、どこかで観たことあるなぁって感じていたら、『ザ・サークル』に出演していた女優さんだったんですねぇ。

ガーディアン・オブ・ギャラクシー』シリーズにも出演されていて、これからの女優さんって感じ。

おっさんは、かなり好きな女優さんです。

笑いありで派手なアクションシーンもありで、色んな方にオススメできる映画でした。




という事で、『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』のネタバレあり感想でした。

それでは、しーゆー!!




この記事がイイネ!と思ったら下のブログランキングボタンをクリックして頂けると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ









【関連記事】

『リザとキツネと恋する死者たち』 耳に残る音楽とストーリーが独特の玄人向け映画

おっさん999とは?

おっさんのプロフィール


おっさん999へ連絡