ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
YouTubeで公開された予告編の再生数が凄いことで話題になり、アメリカで公開した際には、ホラー映画の興行収入ナンバーワンを記録した『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』。

それほどの作品なのかぁって、結構、ワクワクしたのですが、やはりオリジナル版には勝てなかったです。

けれど、本作は本作で普通に面白い映画になっていますけどね。

という事で、今回は『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のネタバレあり感想を書いていくんだぜ?

未見の方は、今回の感想はスルーしてください。




IT_2017_1




『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』予告編動画





『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のあらすじ

平和で静かな田舎町で、得体の知れない事件が発生していた。不可解な子どもの失踪事件が後を立たないのだ。

内気な少年ビルの弟も、ある雨の日に出かけたきり、行方不明となってしまった。

そして、キズのいえない1年後のビルの前に、一人の怪人が現れる。

ペニー・ワイズ。一見、ピエロのような風貌である<それ>は、しかし、神出鬼没の変幻自在で、つかみどころのない存在だった。

ペニー・ワイズが事件の犯人であると確信したビルは、ペニー・ワイズを目撃した友人たちとともに、<それ>に立ち向かう事を決意するのだった。



<それ>は、どこにでも現れる。

<それ>は、どんな姿にも形を変える。

そして、<それ>を見た者は姿を消す。




スポンサーリンク




『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』ネタバレなし感想

オリジナル版を知っているかどうかで評価が変わる映画


『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』ネタバレあり感想

なぜ、本作はオリジナル版を超える事ができなかったのか。

おっさんが思うに、本作は前半の主人公たちの子どもの頃の話しかなかったのが原因ではないかなって考えています。

オリジナル版は大人になった主人公たちが、かつて住んでいた故郷の町に戻ってきます。なぜなら、町に住んでいた主人公の仲間のひとりが、ある事件に、昔、自分たちが倒した怪人が関わっていると確信したため、仲間たちを呼び寄せたのです。それは昔の約束。

大人になった彼らは、再び怪人と戦うのですが。。。っていうのがオリジナル版の導入部分。

そして、回想シーンになって、彼らが一体何と戦ったのか、立ち向かったのかが、描かれます。

つまり後編となるストーリーが絶妙に織り交ぜられながら、少年時代の物語が展開するんですね。




しかし、本作は少年時代のみで終わってしまっています。興行収入的に成功したら後編を映像化するのかな?って思ったのですが、ラストに「チャプター1」という文字が登場します。

つまり、最初から前編後編に分けて映画化するつもりだったんですよね。

だったら、なぜ、後編も一緒に製作しなかったのか。

後編も同時進行で製作しておけば、少なくともオリジナル版に迫る事はできただろうに。

原作を忠実に再現した可能性もありますが、小説と映画は、違う表現方法なので、映画として面白くなる構成にして欲しかった。




また、本作のラストは、ほぼ一択のはすなんですよ。オリジナル版を知っている方であれば、わかって頂けるはず。

オリジナル版では、大人になった主人公の仲間のひとりが風呂場で手首を切って命を絶つ、すごく有名なシーンがあるんですね。

このシーンがエンディングか、エンドクレジット後にあるはずだと確信しておりました。

しかし、実際、本作には大人になったシーンが一切ありませんでした。

せめて、このシーンだけは。。。って思いましたね。




オリジナル版は心理的ホラーだけでなく、ミステリー要素もきちんとあって、作品としてすごく見ごたえがありました。

本作はビジュアル的恐怖をメインに据えたホラー映画に完全に振り切った結果、若干の物足りなさが残りました。




『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のレビューや評価

ホラー度は低いです。大人にはまったく物足りないんじゃないかな?

ピエロよりも周りの大人やいじめを通り越して傷害でしょこれ、という部分に怖さを感じました。

前半はビビる展開が多かったです。途中で映画館から逃げ出したくなりました。


YAHOO!JAPAN映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』




『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のまとめ

オリジナル版には勝てないだろうなぁって思っていたのですが、鑑賞してみて、やっぱり勝てなかったというのは残念ですね。

あれだけ、アメリカでもヒットしたので、ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ期待したんですけどねぇ。

後半はスティーブン・キングの悪いところがでてしまうので、あまり期待できないですけど、日本公開まで気長に待ってみます。




という事で、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のネタバレあり感想でした。

それでは、しーゆー!!




この記事がイイネ!と思ったら下のブログランキングボタンをクリックして頂けると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ




★おっさんのオススメは、このオリジナル版。


★翻訳ものは、読みにくいね。。。




【関連記事】

『ブレア・ウィッチ』の感想 不気味な雰囲気はそのままに進化したブレアの魔女