ブログネタ
アニメあれこれ に参加中!
どーも、おっさんです。

今回は、以前オンエアされていたアニメ『妹さえいればいい。』についてでございます。




今回ご紹介するアニメ:『妹さえいればいい。』
オススメ度:★★★☆☆(三ツ星)




予告編動画





あらすじ

妹を深く愛するライトノベル作家・羽島伊月の周りには、いつも個性的な人物が集まる。

天才であり、伊月を好きだと公言している可児那由多、大学時代の同級生である白川京、ライバルでありながらも親友である作家・不破春斗、伊月の世話をする義理の弟・羽島千尋などなど。

今日も今日とて、伊月は様々な騒動に巻き込まれたり、自ら引き起こしたりするのであった。




スポンサーリンク




わたしの奥さんが「ぜひとも観て欲しい」という事で、半ば強引に見せられたのが、『妹さえいればいい。』というアニメです。

原作は『僕は友達が少ない』の平坂読氏。挿絵はカントク。

おっさんは、原作を読んでおらず、アニメを視聴した形でございまして、なかなかユニークな構成の作品でございました。

普通のアニメとして鑑賞できる一方で、将来、作家になりたいと考えている方が鑑賞すると、とてもプラスになる作品。

という事で、今回は『妹さえいればいい。』のネタバレなし感想を書いていくんだぜ?




今回利用した動画配信サービス

dアニメ
dアニメストア



スタッフとキャスト声優

原作・シリーズ構成・脚本:平坂読
監督:大沼心
シリーズディレクター:玉村仁
キャラクターデザイン:木野下澄江
音楽:菊谷知樹
アニメーション制作:SILVER LINK.


役名:出演者(声優)
羽島 伊月:小林裕介
可児 那由多:金元寿子
白川 京:加隈亜衣
不破 春斗:日野聡
羽島 千尋:山本希望
恵那 刹那:代永翼
大野 アシュリー:沼倉愛美
三国山 蚕:藤田茜
土岐 健次郎:鳥海浩輔
山県 きらら:赤﨑千夏






おっさんのアニメ感想

タイトル通り、妹ができてひゃっほー!みたいな作品かと思いきや、主人公には血の繋がった妹は存在せず、それゆえに妹を崇拝しているという設定のアニメでした。

ほどほどのせくすぃーシーン、シリアス、ギャグ。

昨今のアニメの全ての要素が入っているのですが、バランスが良く、観ていて疲れるって事がない、見やすいアニメでございました。




一方で、萌え要素が満載な上に、各キャラクターの設定そのものが、かなりぶっ飛んでいるので、ストーリーよりも、人物で好き嫌いがでるアニメかもしれないですね。

わたしは、肩の力を抜いて鑑賞する事ができまして、日常系アニメしか受け付けなくなったおっさんでも、楽しく視聴する事ができました。

とびきり期待すると、ちょっと肩透かし感がありますけどね。

個人的には、キャラクターたちの成長をもう少し見ていたいので、2期を希望したいところ。




また、お酒について、きちんと取り上げているアニメでありまして、お酒が好きな人だと、違った楽しみ方があるかもしれないですね。

お酒を全く受け付けないわたしでも、ちょっと飲んでみたいなぁと思うお酒がちらほらありましたよ。




お酒の他に、TRPGやカードゲーム、連想ゲームなどのアナログゲームも取り上げられていて、知的好奇心をくすぐるアニメでもあります。

色んな意味で、欲張りでありながらも、各要素のバランスが取れたユニークなアニメ。

今時のアニメに抵抗がなければ、一度チャレンジしてみては、いかがでしょうか?




作家志望者は必見

本作の一番の見どころは、なんといっても作家の実情を生々しく描写しているところでしょう。

おっさんは、ある程度、知っていましたけれど、ライトノベル作家に憧れる方や、一般小説を書きたい方で、作家の実情を知っている人は少ないのではないでしょうか。

今でこそ、インターネットがありますから、そういう情報をまとめているサイト、情報を発信している方がいらっしゃいます。

そういうところで、情報を入手しやすくなってはいますが、一方でイメージしにくいかもしれません。




本作では、アニメを楽しみながら、作家の厳しい現実を勉強できる珍しい作品となっています。

そのため、おっさんは、作家を目指す方には、ぜひとも視聴して欲しい作品だと感じました。




資料集め情報収集の言及なし

一方で、小説を書く上で一番面倒であり大変である資料集めや情報収集についての描写は一切ありません。

確かに、劇中では取材旅行をおこなうくだりはあるんです。

けれど、色んな資料を読み込んで、そこから情報を取捨選択していく工程が描写されていないため、一番辛い部分がなかったのは残念。




わたしも、一応作家志望者だった頃がありまして、いろんな作家養成に関する書籍を読みました。

けれど、この資料関係について、どんな「作家になる!」系の本を読んでも、ほとんど言及されていないのが実情で、本作では、そのあたりの描写があるかもって期待しました。

しかし、本作でも、そのあたりの描写はナッシング。

プロの作家さんがおこなっている資料集めなどをみる事ができなかったところが、本作における唯一の不満点でしたよ。




もし、2期があるなら、そのあたりをぜひ映像化して欲しいところ。



今回の感想のまとめ

タイトルを見た瞬間から、完全にスルーしていた本作。

元同僚も「あまり面白くなかった」と言っていたので、奥さんからの情報がなければ出会う事がなかった作品です。

奥さんに感謝ですわ。

なかなか素敵なアニメでございました。

作家の生活をメインに据えた珍しい題材の作品なので、作家志望者の方は、一度視聴してみてください。




という事で、今回は『妹さえいればいい。』のネタバレなし感想でした。

それでは、今日はこの辺で。

しーゆー!




この記事がイイネ!と思ったら下のブログランキングボタンをクリックして頂けると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ






【関連記事】

役者を目指すなら絶対に観るべきアニメは『ポプテピピック』!

おっさん999とは?

おっさんのプロフィール


おっさん999へ連絡