ブログネタ
映画に関すること に参加中!
深夜の森を走行する列車に迫る「なにか」。



今回ご紹介する映画:『デビルズ・トレイン』
原題:『HOWL』
製作:2015年イギリス
日本公開日:???
上映時間:92分
オススメ度:★★★☆☆(三ツ星)




予告編動画





あらすじ

雨が降りしきる夜。

乗客を乗せた深夜の列車が、森の中でなにかに激突し、緊急停止する。

状況を確認するために外へ降りたはずの運転手と連絡が取れず、時間だけが過ぎていく中、車掌と乗客は、森を歩いて次の駅へ向かう事を決断する。

だが、その決断が間違っていた事を、すぐに彼らは気づくことになるのだった。




スポンサーリンク




(´・ω・`)

どーも、四十郎のおっさん999です。

今回はアマゾンで視聴したイギリス映画『デビルズ・トレイン』という映画のネタバレなし感想を書いていきます。

特に興味はなかったのですが、なにかのDVDをレンタルした時に、本作の予告編が収録されていて、「なにこれ、面白そう」って感じで、気になっていた映画です。

ライトな感じのB級テイストなホラー映画という印象の本作。

それでは、おっさんの感想を綴っていこうと思います。




今回利用した動画配信サービス


Amazonプライム・ビデオ




スタッフ

監督:ポール・ハイエット



キャスト 出演者

エド・スペリーアス、ホリー・ウェストン、ショーナ・マクドナルド、エリオット・コーワン、アミット・シャー






おっさんのネタバレなし感想

ほどよい感じのB級映画でした。

人によってはC級映画って感じるかもしれませんが、少なくともZ級映画でも地雷映画でもありません。

最初こそ、のんびり進行が気になりますが、ラストまでちゃんと見ることができるので、それだけのクオリティーを保っている作品です。

本作最大のユニークなところは、自分たちのやりたい事をやり通した点でしょうか。

その潔さが、おっさん的には好印象でございました。

ストーリーは、普通のゾンビ映画と同じだけど、ただアイデアがゾンビではない別のモンスター。

それだけで、こうも印象が違う作品になるのかっていうのは、意外でした。




良いところ

物語そのものは、意外とシンプルであり、王道。それを楽しめるか否かで、本作の評価は分かれるかもしれません。

おっさんの場合は、設定やストーリーがシンプルだったので、深く考える事なく、楽しめました。

また、堅苦しい理屈がなく、アイデア一本勝負の力技で制作されている点は、わたしとしては良かったと感じましたね。

あれこれ理由を繰り出して、結果、つまらない映画を作るよりも、やりたい事をやって、整合性なんか無視して、とにかく突っ走る。

B級映画C級映画は、やはりこうでなくては!って感じの作品です。




悪いところ

他のソンビ映画モンスター系映画と違い、飛び抜けて悪い人物がいないんですよね。

確かに嫌なキャラクターは存在するのですが、底抜けな悪人がいない点で、他の作品とは異なって、若干、後味が悪い感じに仕上がっています。

個人的には、それほど気にならなかったのですが、気になる方もいるかもしれません。そういう、ちょっと後味わるい系の映画が苦手な方は注意してください。

また、先程も書いた通り、やりたいことをやる!という精神なので、細かい点が気になる人は不向きです。

設定なんかをツッコみだすと止まらないので、要注意でございます。




今回のネタバレなし感想のまとめ

巷の評価は低いのですが、それほど悪い作品って訳ではないのですけどね。

まぁ、邦題がかなりずれているので、それが悪いといえば悪いかな??

B級映画なので、さほど期待せずに鑑賞すれば、それなりに面白い映画でございます。




という事で、今回は『デビルズ・トレイン』のネタバレなし感想でした。

それでは、今日はこの辺で。

しーゆー!


(´・ω・`)ノシ



この記事がイイネ!と思ったら下のブログランキングボタンをクリックして頂けると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ






ネタバレあり感想



【関連記事】

『ZOOMBIE ズーンビ』の感想/ゾンビじゃないよ、テンション高い動物だよ。

おっさんの運営ブログ

四十郎おっさんが綴る読書感想文まがい

次世代IMAXレーザーを楽しむ!

四十郎おっさんが綴る日常(アメブロ)


おっさん999とは?

おっさんのプロフィール


おっさん999へ連絡