ブログネタ
不気味な映像 に参加中!
監視カメラに映った怨念とは?


今回ご紹介する作品:『ほんとうに映った!監死カメラ 1』
製作:2012年日本
上映時間:60分
オススメ度:★☆☆☆☆(一つ星)



予告編動画




『ほんとうに映った!監死カメラ 1』の概要

街に設置されている数多の監視カメラ。それらは、時に<死>を見つめ続ける「監死カメラ」ともなる。
『監死カメラ』は、監視カメラに映った恐怖の現象を紹介する、コンセプト・ホラー・ドキュメントである。




スポンサーリンク


夏になりました。ニコニコ動画では、恒例の恐怖作品放送が始まっております。今回は一挙放送が多いため、全作品視聴が難しい状況ですが、それでも、鑑賞できる範囲で楽しんでおります。

さて、今回は初めて『監死カメラ』に手を出しました。今までは『封印映像』しか観ていなかったのですが、こちらもニコニコ動画では人気のモキュメンタリー作品で、気になっていたんですよね。

この『監死カメラ』は17作品目で完結したシリーズで、他にも『妖怪カメラ』なる作品もあるようです。残念ながら今回の一挙放送では、わたくし、『監死カメラ』の途中までしか見る事ができなかったんですが、頃合いを見てレンタルしてみようかと思います。

という事で、今回は『ほんとうに映った!監死カメラ 1』の感想を書いていくんだぜ?

ちなみに、今回は感想の中に、多少のネタバレを含むので、鑑賞予定の人は、今回はスルーしてください。




今回利用した動画配信サービス

ニコニコ動画




hontouniultsutakanshikamera1


「交差点」の感想

白黒画面のため、CGの粗さがわからないという点は良かったです。

しかし、監視カメラを題材にしてるのに、しょっぱなから音による怪奇とは、これいかに。



「タクシー」の感想

投稿者の方がインパクト強すぎて、インタビュー内容が頭に入り込んでこないという致命的。

また手を挙げていない人の前にタクシーを止めるという謎の行動をするタクシー運転手のおかげで、怪奇現象が霞んでしまう結果に。タクシーって手を挙げてないと、止まらないんじゃないの??



「バー」の感想

おわかり度は、かなり高く、真相がバラされても、気づかないレベル。特に恐いという訳でもないし、内容も予想の範囲内。


「ゴミ捨て場」の感想

果てしなく、わかりにくいものではあるものの、雰囲気がそこそこあって、ちょっと不気味なのが良かったですな。


「エレベーター」の感想

比較的わかりやすい怪異で、マンションに住んでいる人にとっては、身近な怖さがあって、なかなか良い。最後のアイデアも個人的には好きですな。


「地下道」の感想

わかりにくい上に、あまり怖くなく、ありふれた設定でした。それにしても、自転車がデコイとは。。。


「コインランドリー」の感想

これは、わたしの目がダメなのかもしれないですが、乾燥機が動いているようには見えないんですよねぇ。なんかバチバチと乾燥機内で電流が走っているようにしか見えない。

さらに、赤ん坊が乾燥機に放置された事件があったらしいけど、その後から乾燥機がひとりでに動いたり、赤ん坊の母親の幽霊が現れるという。

えっ??

それっておかしくない??どうして、母親の霊がコインランドリーに現れるのか。怪奇現象と事件の内容が一致しない、もやもやしたエピソード。



「商店」の感想

怪異そのものがありふれているし、怖くない。もうひとつの怪異についても、説明されても、いまいち確認できない感じ。不完全燃焼です。


「踏切」の感想

スローにしても怪異が確認できず。よくこんなものを発見できたなぁというレベル。もうひとつの怪異は、なかなか良い感じに仕上がっているだけに、なんとも勿体無い印象。



まとめ

シリーズ最初の作品という事で、おそらく手探り状態なのかな?って感じ。頑張って心霊ホラードキュメンタリーを製作している印象が、なんとも微笑ましいです。

見やすさでいうとエピソード数を絞っている『封印映像』の方が勝っているような気がします。このあたりは好き嫌い、好みの問題でしょうね。

今回視聴したのは初期作という事もあり、これからも『封印映像』同様、追いかけていきたいと思います。




この記事がイイネ!と思ったら下のブログランキングボタンをクリックして頂けると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ






【関連記事】

ニコニコ動画で「封印映像1 呪われた森」を鑑賞。自己主張すごい