ブログネタ
そうだ、お化け屋敷に行こう。 に参加中!
どーも、四十郎のおっさん999です。

大阪にはUSJ以外にもひらかたパークというローカル遊園地があります。

V6の岡田准一さんが扮する、ひらパー兄さんがいつも尖った宣伝をおこなう事で有名なひらパー。

そんなひらパーでは、毎年夏になると、期間限定のお化け屋敷が登場します。

過去に、わたしが遊びにいった、ひらパーのお化け屋敷の感想は、このブログにて書いておりますので、興味のある方は、ご覧くださいまし。




ひらかたパークのお化け屋敷に行ってきたよ!(2017)

ひらパー昼のお化け屋敷「ダークピエロの隠れ家」の感想

ひらパー夜のお化け屋敷「呪われた夜の遊園地 笑うキラーピエロ」の感想




で。

2019年も、特別仕様のお化け屋敷を、ひらパーは展開するそうです。




スポンサーリンク




今年はテクノロジーを駆使した昼のお化け屋敷『怨霊の金縛り屋敷』!

hirapaobake-day-2019

2017年と2018年のお化け屋敷は、お化け屋敷クリエイターの五味弘文さんがお化け屋敷を手掛けました。

しかし、今年はITテクノロジーを使用したお化け屋敷に定評のある、株式会社闇が手がけるVRお化け屋敷となっております。

VRのお化け屋敷というと、数年前のUSJで開催された『トラウマ2』がありましたね。

あんな感じの雰囲気になるのでしょうか。

例年通り、体験するには800円必要となります。別途、入園料もかかりますよ。

ただ1日パスを使用する事は可能ですので、アトラクションを多く楽しむ方は、体験料金については心配する必要はありません。




夜のお化け屋敷『闇遊園地でのかくれんぼ』について

hirapaobake-night-2019

2019年も夜のお化け屋敷をおこなうひらパー。

当初、わたしも参加する気満々でした。2018年に初めて体験して、とても楽しかったですからね。

そして、2019年7月6日にチケットが販売されたのですが……驚愕しました。

チケット料金は、なんと14,000円です。桁は間違っていません。

この料金は1グループの料金です。1グループは4人。という事で、今回は4人で初めて参加ができるという感じになっています。

もちろん、一人からでも参加可能のようですが、そうなると、1人で14,000円を負担する形になります。ひらかたパークは、可能であれば、4人で参加してほしいと公式ホームページに記載しております。

また、1人用チケットも販売しないとアナウンスしております。

そんな訳で、わたしは、今回、夜のお化け屋敷の参加を断念しました。




今回のまとめ

もし、参加ご希望の方で、4人集まるのであれば、早々に声を掛けて、チケットをゲットしてください。夜のお化け屋敷は、場所問わず、すごく人気ですからね。すぐにチケットがなくなる可能性があります。

日程についての詳しい情報は、公式ホームページにて確認してください。




怨霊の金縛り屋敷



闇遊園地でのかくれんぼ



それでは、今回はこの辺で。

しーゆー!




この記事がイイネ!と思ったら下のブログランキングボタンをクリックして頂けると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ



関連記事

梅田お化け屋敷「ふたご霊」 大阪で楽しめるお化け屋敷にチャレンジしてきた