ブログネタ
映画に関すること に参加中!
どーも、四十郎おっさん999です。

人によって評価の分かれるホラー映画『グレイヴ・エンカウンターズ』。

続編にあたる『グレイヴ・エンカウンターズ2』もあって、そちらもなかなかユニークな作品です。

『グレイヴ・エンカウンターズ2』も改めて鑑賞したら、その時感想書きます。

そんな訳で、今回は実話を装ったPOVタイプのホラー映画『グレイヴ・エンカウンターズ』のネタバレあり感想を書いていきます。








スポンサーリンク




ネタバレなし感想

『グレイヴ・エンカウンターズ』ネタバレなし感想/廃墟に入れなくなるトラウマ映画。けど人による。


ネタバレあり感想

ラストの演出について

graveencounters4

劇中では、行方不明になった撮影チームメンバーで再登場するのはひとりだけです。それはカメラを担当していた男性。

他のメンバーは姿を消し、そのまま退場してしまいました。

ラストにランスがロボトミー手術の最中の院長と遭遇するシーンがあります。そこで、死を確認していないメンバーがそれぞれベッドに横たわっていた方が良かった。

ありきたりな演出ではありますが、わかりやすく観客に彼らの末路を示す事ができたはずなので、そんな演出が欲しかったというのが、正直なところです。




観客の想像力に依存

graveencounters2

本作は、観客の想像力を信じて物語を構築しています。幽霊や超常現象のシーンは最低限におさえ、「なにかでるぞ、なにかくるぞ」という雰囲気を大切にしています。

実際、ビックリシーンは、他のホラー映画に比べて少ない本作。けれど満足度が比較的高いのは、想像力を活かした演出を採用したからです。

そのため、想像力を働かせながら鑑賞したり、映画の世界に入り込んで鑑賞するような人には、オススメできる映画でございます。

なんの動きもない映像をみて、どれだけ怖く感じるかどうか。まるでホラー映画適正テストのような作品です。




レビューや評価

海外POVホラー特有の仲間割れ&罵り合い。
ストーリー云々じゃなくて、そのやり取りにイライラする。

登場人物たちの絶叫が響き渡っている作品であるが、鑑賞しながらこっちも絶叫の気分。

面白かったです。無駄なことが一切なく淡々とホラーをやってくれた感じです。


YAHOO!JAPAN映画『グレイヴ・エンカウンターズ』




今回のネタバレあり感想のまとめ

graveencounters1

おっさんとしては、『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』に匹敵する面白さがあって、個人的には大好きな作品です。

個人的には、本当は続編ではなく、『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』みたいに、本作を補完するような映像作品を製作して欲しかったかな?




という事で、『グレイヴ・エンカウンターズ』のネタバレあり感想でした。

それでは、しーゆー!!




この記事がイイネ!と思ったら下のブログランキングボタンをクリックして頂けると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ











【関連記事】

期待していたよりは思ったほどではないホラー映画『コンジアム』のネタバレなし感想

おっさん999とは?

おっさんのプロフィール