ブログネタ
不気味な映像 に参加中!
うしろにいるよ。


今回ご紹介する作品:『封印映像31 監死カメラ』
製作:2017年日本
上映時間:60分
オススメ度:★☆☆☆☆(一つ星)



予告編動画




『封印映像31 監死カメラ』の概要

不可解な何かや現象を偶然捉えた未公開映像の数々。人知れず闇に葬られてしまっていたそんな映像たちを、撮影者や関係者などのインタビューとともにお届けする『封印映像』シリーズ。

動画配信用の心霊動画を撮影した際に映り込んだ怪異「あいのり」、オリジナルの料理レシピ動画を撮影した投稿者が発見した怪異「レシピブログ」、山に仕掛けた罠を確認しに行った際に遭遇した異形の者とは「獣人の怨念」、海外サイトで自分の部屋が盗撮されていた事に気付いた女性が怯える「監死カメラ」の4つを収録。




スポンサーリンク




最近、予想外の面白さがあってびっくりした『封印映像』。その31作品目でございます。

サブタイトルがかなり気になりますが、そこはスルーしちゃいましょう。

直近の作品は5エピソード構成から4エピソード構成に変更となり、その分、ひとつのエピソードのクオリティーをアップする方にシフトした模様。それが功を奏し、直近作品は、先ほども書きましたけど、それなりに見応えのある作品となりました。

なので、いつもとは違い、ちょっと期待して鑑賞した本作ですが。。。

という事で、今回は『封印映像31 監死カメラ』の感想を書いていくんだぜ?

ちなみに、今回は感想の中に、多少のネタバレを含むので、鑑賞予定の人は、今回はスルーしてください。




今回利用したDVDレンタルサービス

TSUTAYA DISCAS ツタヤ・ディスカス







「あいのり」の感想

心霊スポットを題材にしたエピソードで、スポットの怖い噂の設定が、ちゃんと作り込まれていたのは、好印象です。

肝心の心霊シーンですが、アイデアは良かったものの、CG感が思い切り出ていてしまっており、残念な仕上がりになっておりました。これは、いかんねぇ。

後半のシーンについては、やり過ぎ感が強く、フェイク・ドキュメンタリーらしさがありません。映画として見てみると、不気味で、よくできているのですけどね。


気になるのは、心霊動画を撮影しようとしていた投稿者は、どうして、この動画を自分のチャンネルにアップせずに、封印映像スタッフに動画を投稿したのだろうという点です。せっかく念願の心霊動画が撮影できたのだから、動画を登録するのでは?

友人の事を想って動画を投稿サイトにアップしなかったのいうのであれば、そもそも、スタッフにも動画を渡さないだろうに。




「レシピブログ」の感想

このエピソードは、あまりクオリティー、高くないですね。

動画そのものは、CG感丸わかりで、怖くも何ともなくて、残念な仕上がりでございました。

投稿動画と過去の事件との関連性がほとんどなく、内容そのものは、やはりフェイク・ドキュメンタリーよりも、ホラー映画寄りのアイデア。『残穢』という映画に近い印象を受けました。長編作品であれば、広がりのある良いアイデアなんですけどねぇ。




「獣人の怨念」の感想

アイデアはありきたりだけど、個人的には好きなものでした。

獣人については、それこそ、CGでグロテスクな異形を作り上げた方が良かったと感じます。このエピソードは、人が演じてしまったがために、恐怖はイマイチ想起されない映像になっています。さらに、追加のエピソードでは、犠牲者が。。。やり過ぎ感があって、やはりフェイク・ドキュメンタリー向きではありませんでした。




「監死カメラ」の感想

今回、副題となっているメインエピソード。『封印映像』と同じフェイク・ドキュメンタリーで有名な『監死カメラ』とコラボレーション。。。ではありませんので、ご注意を。

押入れをくまなく探したけどカメラみたいなものは発見できなかった、という事ですが、包帯を巻いたヒトのような、よくわからない物体がいましたけど、撮影者は完全にスルーしてました。それの方が怖いよって思っていたら、布団?なのかしら。

盗撮そのものは確かに怖いのですが、それよりも女性の怯え方が、なんかすごくイライラしてしまう。部屋を出れば良かったのでは?なぜ、ずっと電話で彼氏に「早く来て!」と叫んでいたのか。

幽霊はCG感が出過ぎていて、作り物感がすごい。心霊映像そのものは怖くありません。ざんねんっ!




『封印映像31 監死カメラ』のまとめ

ネタはいいけど、演出がダメというエピソードのみで構成されてしまった本作。残念ながら、オススメする事のできない作品でございました。

そろそろ予算が増えてもよさそうなものですが、なかなかシナリオに比例しないクオリティーに「もうちょっと頑張れるでしょ!?」って叫びたくなります。

頑張って、がんばってよ!才能あるんだからさぁ!!

『封印映像32 呪いの生き人形/長身の男』が、2017年12月2日にリリースされるようです。もはやホラーメインのブログになってきましたので、やっぱり鑑賞しますよ。こうなったら、クオリティーが上がるその時まで、おっさんは付き合うよ!




この記事がイイネ!と思ったら下のブログランキングボタンをクリックして頂けると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ






【関連記事】

『封印映像28 幽霊アプリ』の感想/それほど悪くはないけど、ねぇ。。。

『封印映像29 池のほとりの蓮美さん』の感想/「ふふっ」ってなる珍しい作品

『封印映像30 シャドーピープル 包帯少女』の感想/意外と頑張ったシリーズで1、2位を争うクオリティー