今度の魔法はもっとすごい!


今回ご紹介する映画:『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』
原題:『FANTASTIC BEASTS AND WHERE TO FIND THEM』
製作:2016年イギリス
上映時間:2時間13分
オススメ度:★★★★★(五つ星!)


予告編動画




『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のあらすじ

魔法動物学者ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)は、魔法動物の調査と保護のためニューヨークを訪問する。ある日、彼の魔法のトランクが人間のものと取り違えられ、魔法動物たちが人間の世界に逃亡してしまう。街中がパニックに陥る中、ニュートはティナ(キャサリン・ウォーターストン)らと共に追跡を開始するが……。(シネマトゥデイ



スポンサーリンク



公開日から1ヶ月ほど経過して、やっとこさ、観に行ってきました。本当は観るつもりはなかったんですが、予告編を観ていると、ハリネズミみたいな動物が可愛いのと、ストーリーが気になるので、観に行ってきました。超絶人気声優のマモちゃんこと宮野真守さんがスキャマンダーの声をあてている吹き替え版ではなく、字幕版を見てきました。

いやぁ!楽しかったなぁ!!

という事で、今回は『ファンタスティックビースト』の感想を書いていくんだぜ?



『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のスタッフとキャスト

スタッフ
監督:デヴィッド・イェーツ
原作・脚本・プロデューサー:J・K・ローリング
プロデューサー:デヴィッド・ヘイマン
製作:スティーヴ・クローヴス、ライオネル・ウィグラム
製作総指揮:ティム・ルイス、ニール・ブレア、リック・セナト
撮影:フィリップ・ルースロ
美術:スチュアート・クレイグ
編集:マーク・デイ
衣装:コリーン・アトウッド
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
視覚効果監修:ティム・バーク、クリスチャン・マンズ

出演者
ニュート・スキャマンダー:エディ・レッドメイン
ティナ・ゴールドスタイン:キャサリン・ウォーターストン
ジェイコブ・コワルスキー:ダン・フォグラー
クイニー・ゴールドスタイン:アリソン・スドル
パーシバル・グレイブス:コリン・ファレル
クリーデンス:エズラ・ミラー
メアリー・ルー・ベアボーン:サマンサ・モートン
ヘンリー・ショー・シニア:ジョン・ヴォイト
セラフィーナ・ピッカリー:カーメン・イジョゴ




fantasticbeastsandwheretofindthem


『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の感想

すごく面白かった!今だと、もう通常版しか上映していないんですが、3Dで観たかった!本当にオススメの映画です。興奮が冷めない!!


『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の良いところ

わたしは、ハリーポッターシリーズを一作目しか観ていません。そんな私でも、すごく楽しめました。つまり一連のハリーポッター作品を鑑賞していなくても関係ない構成になっているんですね。これは素晴らしい。ここから、ハリーポッターに興味を抱く人も当然でてくるでしょう。わたしも、そんな一人です。

そして、今回メインとなるファンタスティックなビーストたち。この動物たちが、とにかく可愛い!それぞれ特徴があって、動物好きにはたまらない作品に仕上がっています。

また、魔法による派手なアクションシーンもあり、落ち着いたシーンもあり、くすくす笑いを誘うシーンもあり、非常に鑑賞しやすい映画でした。

ストーリーは王道の物語展開で、ずっとハラハラ・どきどきしっぱなし!

ほんと、大興奮でした!



『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の悪いところ

2時間越えの作品なのですが、最初から最後まで、ずっと見せ場だらけ。逆に疲れます。それでも、心地よい疲労感なんですけどね。


『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のまとめ

本当にエンタメしている作品。ハリーポッターの世界観ではあるものの、オリジナル脚本として本作を完成させたJ・K・ローリング女史の能力には脱帽。映画としてもちゃんと完結していますし、ぜひとも映画館で観て欲しい作品です。

ちなみに劇中で存在が示唆される本「幻の動物とその生息地」は、2001年に副読本として実際に発売されていたそうです。ただ現在は、市場にほとんど流通していないため、入手が困難となっております。ハリー・ポッター大好きっ子は手元にあるかもしれないですね。もし、この本をお持ちでしたら、本作を鑑賞後、改めて「幻の動物とその生息地」を紐解いてみてはいかがでしょうか?




この記事がイイネ!と思ったら下のブログランキングボタンをクリックして頂けると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ





↓ここからネタバレあり。注意!↓





『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』ネタバレあり感想

今回の敵役には、コリン・ファレルが抜擢されていて、彼のなんとも言えない不気味さとクールさ、時々熱くなる演技にはしびれました。

そして、そんな中、最後の最後に登場する<真の敵>を、なんとジョニー・デップが演じている!映画館で、「え、えっ??」って、身を乗り出してしまいました。本作の事前情報を全く仕入れていなかったので、これにはビックリ。不気味にほくそ笑むデップにも興奮しました。

本シリーズは全五部作という事で、早く続編が観たいなぁ!!



『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のレビューや評価

とりあえず ビーストが出てくる意味が分からない 盛り上がるシーンもない あちらこちらからいびきが聞こえ 私もぐっすり寝ましたーあーつまらなかった

ハリポタファンです。
そうでないとたぶん内容がわからないでしょう…というくらいに話がとっちらかっています。

人の良いおデブさん(人間)が、とても良い味をだしていて、この映画の最功労者だと思います。物語を忘れないうちに第2作をお願いしたいところですね(笑)。とても楽しい娯楽作品ですよ。

全体的な空気感、まとまり具合、ファンの期待を裏切らない…いやそれ以上の仕上がりでした!


YAHOO!JAPAN映画