ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
ノーランが実話に挑む。


今回ご紹介する映画:『ダンケルク』
原題:『DUNKIRK』
製作:2017年イギリス、オランダ、フランス、アメリカ
日本公開日:2017年9月9日
上映時間:1時間46分
オススメ度:★★★★★(五つ星!)



『ダンケルク』予告編動画





『ダンケルク』のあらすじ

1940年、フランスのダンケルク。

連合軍の兵士40万人がドイツ軍によって、ドーバー海峡に面したダンケルクに追い詰められていた。

ドイツ軍の猛攻のさらされながら、ダンケルクに残された兵士たちは、なんとか生き延びようと苦心する。

イギリスは民間船も動員し、なんとかダンケルクにいる兵士たちを助けようと作戦を開始。

空軍は3機だけで、ダンケルクに向け、戦闘機を発進。

ダンケルクにおける未曾有の撤退作戦は、果たして成功するのか。




スポンサーリンク




『インターステラー』以来、新作を渇望していたクリストファー・ノーラン監督の待望の最新作がついに公開。

今までSF映画を製作してきたノーランが、ここにきて、なんと実話を題材に選ぶとは。

しかも、彼はCGを使わない男。

そんなノーランが描く戦争映画とは、一体どんなものに仕上がっているのか。

という事で、今回は『ダンケルク』の感想を書いていくんだぜ?




今回利用した映画館

109シネマズ大阪エキスポシティ 次世代IMAXレーザー 通常版 字幕



『ダンケルク』のスタッフとキャスト

監督・脚本・制作:クリストファー・ノーラン
製作:エマ・トーマス
製作総指揮:ジェイク・マイヤーズ
撮影:ホイテ・ヴァン・ホイテマ
美術:ネイサン・クロウリー
編集:リー・スミス
衣装:ジェフリー・カーランド
音楽:ハンス・ジマー

役名:出演者
トミー:フィオン・ホワイトヘッド
ピーター:トム・グリン=カーニー
コリンズ:ジャック・ロウデン
アレックス:ハリー・スタイルズ
ギブソン:アナイリン・バーナード
ウィナント大佐:ジェームズ・ダーシー
ジョージ:バリー・コーガン
ボルトン中佐:ケネス・ブラナー
謎の英国兵:キリアン・マーフィ
ミスター・ドーソン:マーク・ライランス
ファリア:トム・ハーディ




dunkirk_c



『ダンケルク』の感想

いやぁ、やられました。

そして、やってくれました、クリストファー・ノーラン!

セリフは少なく、映像と音、音楽で観客を圧倒する、圧倒しまくる映画でございました。

わたしは次世代IMAXレーザーで鑑賞したのですが、映画館で観るべき映画。可能であれば、IMAXで観る事をオススメします。

終わった後も、ずっと余韻が後をひく、素晴らしい作品でした。




dunkirk_b


『ダンケルク』の良いところ

ダンケルク大撤退だけを描く

鑑賞してみるとわかるのですが、とてつもなく潔い映画です。

なんとダンケルクの大撤退作戦「しか」描いていないのです。

前置きも何もない。

ただ撤退するだけの映画。

最早、映画といってもいいのかと思うくらい。

さすがノーラン。

というか、ノーランにしかできない芸当ですな。




3つの視点で描く

撤退するだけの展開なので、どのように作品を転がすのかと思いながら鑑賞しました。

本作は、ダンケルクにある防波堤、イギリスから出発する一般の小型船、スーパーマリン スピットファイアを駆り、ダンケルクへ向かう空軍の3つの視点から、撤退作戦を描く構成になっていました。

セリフが、ほとんど存在せず、ひたすらディテールのみを描く手法は、かえって、観客に緊張感、映像に緊迫感を与える事に成功しています。

撤退作戦を3つの切り口から描く事により、本来であれば、クセのある映画を、観やすい作品に仕上げる事に成功しています。




迫力ありすぎ

最初からIMAXで上映される事を想定して製作されているため、迫力は、今までのノーラン作品とは、一線を画しております。

一体どのように撮影したのか、全く予想できないくらい、リアリティーな映像。

緊張感をあおる音楽。

椅子が振動するほどの音響。

映画が終わった頃には、どっと疲れが出てしまう作品ではありますけど、映画館で見ないと意味のない作品です。




『ダンケルク』の悪いところ

ストーリーはない

この映画を観て一番驚いたのは、なんといっても、ストーリーが存在しない事。

これにはビックリしてしまいました。

構成としては、特定の主人公が存在しない、群像劇なのですが、本当にダンケルクから脱出するだけの映画なのです。

そこに余分なドラマはなく、ただ極限の状態に陥った人々の葛藤と、それぞれの戦いがあるだけなのです。

そのため、本作は賛否の分かれる映画になる事でしょう。

ドラマ性に重きを置くタイプの方には、全く向いていない作品でございます。




dunkirk_a


『ダンケルク』のまとめ

迫力ある映像に音響。これは、映画館で観るべき映画です。

思えば、『インセプション』や『インターステラー』も映画館で観ないと正しく評価できない映画ですよね。

大画面で観ないと、その映像の凄さはわからない。

ノーラン作品では当たり前の事なんですが、本作は特に映画館での鑑賞を想定して製作されているように感じました。

生粋の映画好きにオススメしたい、そんな映画でございます。



という事で、今回は『ダンケルク』の感想でした。

それでは、今日はこの辺で。

しーゆー!




この記事がイイネ!と思ったら下のブログランキングボタンをクリックして頂けると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ







【関連記事】

『ハクソー・リッジ』の感想/戦争映画というより「信念」を描写したエンタメ作品






↓ここからネタバレあり。注意!↓





『ダンケルク』のネタバレあり感想

3つの視点が最後ひとつになる

防波堤、1週間。

海、1日。

空、1時間。

最初にそのようなテロップが出るのですが、一体、なんの事だろうって思っていたんですよね。



そして、途中から、映像構成がおかしくなってきます。

「あれ?」



そして、最後に気づく。

同時進行だと思い込んでいた3つの視点。

実は、時間軸が絶妙にずれていて、途中で3つのうち、2つが交差し、最後には全ての視点がひとつになる、という手法を採用していました。

映画に入り込んでいたため、わたしは、その構成に気づくのに、時間がかかってしまいましたが、これにはやられた!

まさか実話題材の映画で、このような変化球を投げてくるとは、夢にも思いませんでした。

さすがはノーランといったところ。

トム・ハーディー演じるパイロットはイギリス兵を救いますが、最後は捕虜になってしまったりするなど、細かいところで、リアリティーがあって、良かったですね。

ドイツ兵の不気味さもちゃんと醸し出されていて、戦争映画というよりはサスペンス映画に近い印象を持ちました。

もう一回観たいと思う、クセになる映画です。



という事で、『ダンケルク』のネタバレ感想でした。

それでは、しーゆー!!




『ダンケルク』のレビューや評価

感動とかないとありますが胸にジーンとくる場面はあったし、ハラハラドキドキしました。最後の方は見入ってました。音や迫力はすごいです。

ノーランが実話、しかも戦争物を描くとこうなるのか、と圧倒されながら観てしまいました。この映画の内容はあくまで救出作戦。セリフは少なく、それが余計にリアルさを出していました。始まりから終わりまで一瞬も気を抜くことが出来ず、迫り来る恐怖に実際にその現場に自分もいるような錯覚に陥りました。

第二次大戦下、実際に起きた救出劇。その模様が、“1週間”“1日”“1時間”という3つの時間軸が重なり合いながら、重厚に描かれていくのが印象的です。
そこで浮き彫りになるのは、情け容赦ない戦争の悲惨さと同時に、自らの犠牲をいとわず、同胞を助けるために奮闘した人々の姿です。


YAHOO!JAPAN映画『ダンケルク』