ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
高知の夜明けぜよ。



今回ご紹介する映画:『Dear Girl ~Stories~THE MOVIE3 the United Kingdom of KOCHI 六人の龍馬編』
製作:2017年日本
日本公開日:2017年11月25日
上映時間:1時間49分
オススメ度:DGSリスナー限定★★★★★(五つ星!)




『Dear Girl ~Stories~THE MOVIE3 the United Kingdom of KOCHI 六人の龍馬編』予告編動画





『Dear Girl ~Stories~THE MOVIE3 the United Kingdom of KOCHI 六人の龍馬編』のあらすじ

ラジオスタートから10年を経過して、今後の展開にますます期待が募るラジオ番組「DGS」。

2017年の小野大輔生誕祭では、海外ロケを敢行。けれど、パスポートを持っていない小野大輔は、不安いっぱい。

そして、一行が降り立ったのは、まさかの「高知龍馬空港」だった。




スポンサーリンク




ラジオを聴いていた時から、なんとなく予想していた『the MOVIE3』。しかし、まさか二部作になるとは、夢にも思いませんでした。

さらに、第一部となる『六人の龍馬編』は、約2時間という上映時間で、なおビックリでございます。

ラジオオンエア時では、一ヶ月まるまる小野大輔生誕祭でしたからね。どれだけ撮れ高があんねんって感じですな。

という事で、今回は『Dear Girl ~Stories~THE MOVIE3 the United Kingdom of KOCHI 六人の龍馬編』のネタバレなし感想を書いていくんだぜ?




今回利用した映画館

TOHOシネマズなんば



『Dear Girl ~Stories~THE MOVIE3 the United Kingdom of KOCHI 六人の龍馬編』のスタッフとキャスト

監督・企画・プロデュース:内田浩之
脚本・構成:諏訪勝
プロデューサー:高橋信一、押田将興
宣伝プロデューサー:小沼賢宜
出演者:神谷浩史、小野大輔、諏訪勝、内田浩之、八木橋淳、小林ちゃんこちゃんこ、新高梨送りマシーン1号&2号、おかんハーレー




DGS3_six-ryoma



『Dear Girl ~Stories~THE MOVIE3 the United Kingdom of KOCHI 六人の龍馬編』の感想

いやぁ、笑いました。そして楽しい!素晴らしい作品でしたね。

ラジオ・オンエアーバージョンではわからなかった、細かい部分やカットされてしまった部分が、映像で補完されておりまして良かったですなぁ。

「Dear Girl ~Stories~」ファンは、必見の映画です。




ちなみに、チケット予約した時には、人がほとんどいなかったんですけど、当日になって、むちゃくちゃ人が多くてビックリ。

公開してから時間が経過していたので、かなりの混み具合に驚いた訳ですが、なんと内田社長がいらっしゃったんですね。

この日は、おっさん、体調が悪く、エンドクレジット後、すぐに席を立ったのですが、劇場を去った後すぐに拍手が起きました。劇場を去る前にチラリと劇場内を見てみると、背の高い男性がお辞儀をしてまして、「???」だったんですが、公式ホームページを見て、内田社長がいらした事を知りました。

事前にわかっていれば、ちょっと我慢して拍手してから席を立ったのに。。。うーむ、後悔です。




『Dear Girl ~Stories~THE MOVIE3 the United Kingdom of KOCHI 六人の龍馬編』の良いところ

3作目であっても、相変わらずの作風に、ニヤリとしてしまいます。

わかりやすくいうと、ぶっちゃけ、『水曜どうでしょう』と同じ作り方なんですよね。一応、カメラを意識してはいるけれど、およそ番組、この場合だと映画を意識して作っているとは、とても思えない映像に、雑なテロップ。そしてテロップの量。

3作目なのに、何も変わらない事に、すごく安心してしまいますね。

1作目の手作り感と、2作目の正気の沙汰ではない感が、上手く融合していて、とんでもない作品に仕上がっています。

今回は1作目とは違って、映像化を想定して映像が構成されているので、ラジオでは全くもって不明であった部分が、この映画で「なるほど」ってわかる感じになっていて、非常にクオリティーの高い映画でした。

後編の『蒼の継承編』にも期待!




『Dear Girl ~Stories~THE MOVIE3 the United Kingdom of KOCHI 六人の龍馬編』の悪いところ

ラジオでも言ってましたが、八木橋さんの撮れ高がほとんどないのが残念ですね。

八木橋さんファンにとっては、ここは非常に無念かもしれません。

また、本作は『Dear Girl ~Stories~』のリスナーでないと、全くもって楽しめない事、請け合いです。




『Dear Girl ~Stories~THE MOVIE3 the United Kingdom of KOCHI 六人の龍馬編』のまとめ

相変わらずブレないスタイルの作品で、本当に楽しい時間でございました。

そして、おっさんの隣に座っていた女性が、「あ、横、男かよ??」って感じだったので、この場をお借りして「なんか、ごめんなさい」。。。

2作目に引き続きってやつですわ。2作目の時も「男が隣にいる」って女性に思われてしまったようです。。。

女性ファンの多い映画は、なかなか難しいですな。




さて、後編はラジオでは大幅カットになった部分になっていて、今から楽しみです。一体どんな映像が待ち受けているのか。1月6日が待ち遠しいです。



という事で、今回は『Dear Girl ~Stories~THE MOVIE3 the United Kingdom of KOCHI 六人の龍馬編』のネタバレなし感想でした。

それでは、今日はこの辺で。

しーゆー!




ネタバレあり感想

『Dear Girl ~Stories~THE MOVIE3 the United Kingdom of KOCHI 六人の龍馬編』のネタバレあり感想:高知に行きたくなる映画!


この記事がイイネ!と思ったら下のブログランキングボタンをクリックして頂けると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ



★DGSファースト・アルバム。


★DGSセカンド・アルバム。




【関連記事】

『斉木楠雄のΨ難』のネタバレなし感想:みんなで笑える楽しい映画