ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
このふたり、小さくなればなるほど、強くなる!!



今回ご紹介する映画:『アントマン&ワスプ』
原題:『ANT-MAN AND THE WASP』
製作:2018年アメリカ
日本公開日:2018年8月31日
上映時間:118分
オススメ度:★★★★☆(四つ星!)




予告編動画





あらすじ

2年前に勃発した「アベンジャーズの内乱」にて、スティーブ・ロジャースことキャプテン・アメリカに加担したスコット=アントマンは、ホークアイと同じく、家族のために、「ソコヴィア協定」を受け入れ、自宅で軟禁状態に置かれていた。

FBIの監視下のもとで生活していたスコットだったが、そんな生活が終わろうとしていた頃、奇妙な夢を見る。

夢の事が気になったスコットは2年間絶縁状態だったハンクに連絡を取るものの、電話は留守電。スコットはメッセージを残し、電話を破壊するのだった。

そのまま夢のことを忘れて生活していたスコットだったが、ワスプになったホープに連れ出され、ハンクと再会することになるのだった。

実は、彼が夢を見たその時、ピム親娘は量子トンネルを起動していたのだ。

こうして、スコットは再びヒーローとして、ピム親娘たちの力になるため奮闘するのだった。




スポンサーリンク




どーも、四十郎のおっさん999です。

今年の4月、衝撃的なストーリーを展開した『インフィニティーウォー』ですが、この少し前に別の物語が進行していました。

それが『アントマン&ワスプ』です。

日本では本当にマイナーなヒーローで、わたしも当然知りませんでした。




1作目公開前に、映画館で貼られたポスターをみて、ひっくり返りそうになった事は、今でも覚えています。

マーベル作品であっても、『スパイダーマン』みたいに「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」に関係できない作品もありますので、それの類だと思っていたんですよね、『アントマン』って。(現在は『スパイダーマン』はご存知の通り、MCUに合流しています)。

でも、ポスターを見ると、アントマンがアイアンマンの肩に乗っているではありませんか!?




マジか!ってなりました。

それで調べてみると前作の『アントマン』は、MCUのフェイズ3をスタートさせる重要な作品というのです。

なんてこったい!

そして、蓋を開けてみると、むっちゃくちゃに面白いアクションコメディー映画でした。

良い意味で裏切られましたね。




そんなこんなで、遂に待望していた続編が公開されました。

当然、次世代IMAXレーザーで鑑賞しましたよ!そして吹き替え版ではなく字幕版でございます。




という訳でして、今回は『アントマン&ワスプ』のネタバレなし感想を書いていくんだぜ?



今回利用した映画館・上映館

109シネマズ大阪エキスポシティ 次世代IMAXレーザー 3D 字幕版



スタッフ

監督:ペイトン・リード
脚本:クリス・マッケナ、エリック・ソマーズ
製作:ケヴィン・ファイギ
製作総指揮:ルイス・デスポジート、ヴィクトリア・アロンソ、スティーヴン・ブルサール、スタン・リー
プロダクションデザイン:シェパード・フランケル
視覚効果監修:ステファン・セレッティ、ダン・サディック
撮影監督:ダンテ・スピノッティ




キャスト/出演者(役名)

ポール・ラッド(アントマン/スコット・ラング)
エヴァンジェリン・リリー(ワスプ/ホープ・ヴァン・ダイン)
マイケル・ダグラス(ハンク・ピム博士)
アビー・ライダー・フォートソン(キャシー)
ハナ・ジョン=カーメン(ゴースト/エイヴァ)
ローレンス・フィッシュバーン(ビル・フォスター)
マイケル・ペーニャ(ルイス)
ジュディ・グリア(マギー)
ボビー・カナヴェイル(パクストン)
ランドール・パーク(ジミー・ウー)
ウォルトン・ゴギンズ(バーチ)
ミシェル・ファイファー(ジャネット・ヴァン・ダイン)




antman-wasp01



おっさんのネタバレなし感想

いやぁ、良かった。

随所に笑いが組み込まれていて、とても満足度の高い作品に仕上がっていました。

『インフィニティー・ウォー』が、とんでもないシリアス展開だったので、その反動が凄いですけどね。

もちろん、アクションバリバリの映画なんですが、それよりも、コメディー要素の方が上回っているので、様々な方にオススメできる映画です。




良いところ

魅力的な女性陣

本作は、MCU作品で初めてタイトルに女性キャラクターが入った作品となります。ちなみに、この後2019年3月に公開する『キャプテン・マーベル』は女性が主人公です。

という事で、ワスプが活躍するのは当然なんですが、本作のヴィランであるゴーストも女性なんですね。

しかも、これがかなりの美人さん。

マイティー・ソー/ラグナロク』のヴァルキリーもクールビューティーでしたが、ゴースト役の女優さんも負けていません。




本作では、ダブルヒロインといっても過言ではないくらい、ゴーストもスクリーンで動き回っています。

しかし!!

実はこの映画、トリプルヒロインなのですよ。

ネタバレになるので、今回の感想では書けないですが、とある人物が登場しまして、その人物も女性。そして、今後のMCUに繋がるような要素を秘めている方でございます。




本作は、MCU作品のターニングポイントともいうべき作品で、男性陣はもちろん、女性陣の存在感を感じる事ができる、ヒーロー映画になっていました。

ちょっと珍しいタイプの作品ですね。




単純明快なストーリー

今回は今までのMCU作品に比べ、物語展開が単純です。

やっている事は、とある物を守ったり奪われたり奪い返したりと、ひたすら同じ事をやっています。

しかし、それを飽きさせず、手を替え品を替え、観客を楽しませようと様々な工夫が施されていました。

人によっては、前進も後退もしていないので、退屈に映るかもしれないですが、映画を見慣れていない人にとっては、とてもわかりやすく見やすい作品といえるのではないでしょうか。





悪いところ

物足りなさがあるかも?

さすがに『インフィニティー・ウォー』のあとなので、本作の敵であるゴーストに物足りなさを感じる人も多いかもしれません。

ゴーストは、その特殊な能力こそが見所です。

本作は、ちっちゃくなったり透過したりと、お互いの能力を駆使して戦うところが良い訳でして、ゴーストが強すぎると、本作の趣旨とはズレてしまうはずなのです。

今回の映画は、派手なドンパチがメインではなく、別のテーマが根底にあるような気がしてなりません。

それを描こうとしたからこそ、今回は強い敵というのは登場せず、また主人公たちも、とびきり強く設定していないと、おっさんは考えます。




今回のネタバレなし感想のまとめ

ラストに、やっぱり来たか・・・となる展開がありまして。

仕方がないのですよね。そりゃそうなるわ。

しかし、この部分、次回の『アベンジャーズ4』に繋がりそうな気配でございますから、今からワクワクしますなぁ。

一体、どのようにアントマンは関わってくるのか。

というか、あそこからどうするんだろう??

2019年が待ち遠しいですわ。




という事で、今回は『アントマン&ワスプ』のネタバレなし感想でした。

それでは、今日はこの辺で。

しーゆー!




この記事がイイネ!と思ったら下のブログランキングボタンをクリックして頂けると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ



ネタバレあり感想



【関連記事】

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』 大興奮!とても面白くて楽しい映画!

おっさんの運営ブログ

四十郎おっさんが綴る読書感想文まがい

次世代IMAXレーザーを楽しむ!

四十郎おっさんが綴る日常(アメブロ)


おっさん999とは?

おっさんのプロフィール


おっさん999へ連絡