ブログネタ
洋画鑑賞レビュー に参加中!
今回ご紹介する映画「マーメイド」(原題:NYMPH)
オススメ度:時間があるB級映画好きの人なら観れるかな?
        

今回、予告編動画がありません。YouTubeではご覧頂けるので、興味のある方は、そちらをご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=az-mBg5PUFM

 
<あらすじ>
2人のアメリカ女性(ルーシーとケリー)はルーシーの元カレ・アレックスを訪問するために休暇を取ってモンテネグロを旅行していた。アレックスと合流した彼女らは、無人の離島に放棄された刑務所を冒険することに。船で渡ったルーシーたちは島を探検中、島には彼女たち以外に、ひとりの初老の男も上陸していることに気付く。その男は刑務所の中庭にある井戸に何かを流し込んでおり、興味を持った彼女たちは、男が立ち去った後、井戸に近づき、中を撮影。すると井戸底に、美しい女性が写っていた!彼女は監禁されているのか?!動揺がひろがる中、突如、銃声が鳴り響く。ルーシーたちを発見した初老の男が襲ってきたのだ!狭い要塞のような迷路を逃げ惑うルーシーたち、しかし島には更なる秘密が隠されていた!!by インターフィルム公式ホームページ

マーメイドといっても、ディズニーのリトルマーメイドやプリキュアやヴァルキリードライヴやらは関係ありません。

ニコニコ動画のゾンビーバ~DVD/BD発売記念・世界のモンスターパニック特集の生放送、第三弾の「マーメイド」の感想を書きたいと思います。

邦題が「マーメイド」って書いてあるのに、タイトルが出てきた時「NYMPH」なんで驚きました。「ニンフ」と「マーメイド」って、結構異なるものだったような気がします。

ウィキペディアによると「ニンフ」はニュンペー、ギリシア神話に登場する下級女神(精霊)。粗野な妖精とする伝承もあって、旅人を惑わせたり憑りついたりする事もあるのだとか。まれに人に恋をして攫う事もある。

「マーメイド」は人魚ですよね。歌声で船人を惑わせる「ローレライ」や「セイレーン」などの伝説がありますが、今回の映画は、「マーメイド」「ニンフ」どちらを期待しても、ダメな映画でした。

おまけにモンスターパニックではない。二日目の「ザ・クロコダイル」は奇跡的な完成度で面白かったですが、本作は残念ながらミラクルが起きませんでした。



前半は「ラストサマー」を彷彿させるような雰囲気にかなり期待。ちなみに劇中で「ラストサマー」について言及されていたのが面白かった。

雰囲気は良いし、ロケーションも抜群。素晴らしい景色でホラーには絶好のシチュエーションなのですが、残念ながら、100分ほどの映画で、前半40分ほど、どうでもよいドラマパートが続きます。これが本当に面白くない。

おまけに、途中から新キャラクターも登場。一体いつになったら、人魚がでてくるのか。というか、本当に人魚は出てくるのか?? 一種のスリラーなのでは??

43分ほど過ぎてから、ようやく物語が動きだします。動きだすのですが、あとは怒涛の展開。

ネタバレになるので、詳しくは書けないのですが、人魚なので、そんなに人を積極的に襲う事ができない。

動き回って人を襲う事ができないんですよね。という事で、思った以上にモンスターパニック感を楽しむ事ができません。

また、敵が別にいるのですが、敵に追いかけられるシーンも、いまいちパッとしない。緊迫しているはずなのに、緊張感にかける。これは主人公たちが走っているのに、敵が歩いていて、思ったより早く追いついたり、主人公たちがなぜか武器を放棄したり等、よくわからないシーンが立て続けにあったからかもしれません。

ツッコミどころはあるのに、あまり笑えないし、なんとも反応しがたい映画でした。

それでも、光るところはあります。雰囲気は本当によくできていて、無理にモンスターホラーにするよりは、「スクリーム」「ラストサマー」のようなスリラーに仕上げた方が良かったように思います。

すごく残念な映画でした。



セルビア映画は初めて観たのですが、他の映画もちょっと見てみたいなとは思いました。ぎりぎりC級映画というところでしょうか。

B級映画をよく鑑賞している人で時間に余裕のある人は、鑑賞しても良いかもしれません。

その他の方には、あまりオススメできないかも。