ブログネタ
洋画鑑賞レビュー に参加中!
今回ご紹介する映画「ボルテックス-巨大生物総進撃-」(原題:THE VORTEX)
オススメ度:(▼皿▼#)ユルサン!! 

予告編動画

中東の不毛の大地で、米軍の精鋭部隊が突如、姿を消した。調査を進めるペンタゴンは消えた部隊の背後に危険な科学者・シドニー・ガ―バーがいることを突き止める。
シドニーはワームホール(一瞬で時空間を飛び越え、場所を移動できるトンネルのようなもの)を出現させるべく研究を進めており、その実現に必要なガッタ線を放出する鉱物を探索していたのだ。
米軍は、消えた部隊とシドニーを探す為、学者のマークスを含む捜索チームの派遣を決定、中東に送りこんだ。
しかし、チームが遭遇したのはシドニーや精鋭部隊ではなく、巨大なタランチュラだった! ! by Amazon

タランチュラだった!!じゃねえよ!!全くよぉ!!!



ゾンビ―バー」DVD・ブルーレイ発売記念で、ニコニコ動画の生放送でモンスターパニック映画の特集をしています。今夜は1日目で「ボルテックス-巨大生物総進撃-」がオンエアされていました。

この作品は以前、予告編を見ていて、存在を知っていたのですが、地雷映画のような気がして鑑賞を先延ばしにしていました。今回、ニコニコ生放送で無料配信されるので思い切って、鑑賞致しました。

結論から言うと……(#`皿´) ムキーーーー!な出来の映画です。正直、感想を書く事が難しい映画。ネタバレなしで書くのは至難の業だと思う……。それでも、ネタバレなしで感想を……書きたいと思います……。



最初に書いておくと、巨大生物総進撃と邦題が付いていますが、そんなに巨大生物が登場しません。時間は95分ですが、半分がどうでも良いシーンや謎カットに費やされています。さらに巨大生物の造形は粗いCGです。

粗いのは良いのですが、巨大生物が出てきて、登場人物が攻撃、でも人間の攻撃が通用せず、巨大生物が攻撃して終わりです。この過程に驚くほど、ハラハラ感がありません。だって、やられてしまう登場人物は棒立ちで攻撃されるのを待っている状態。いや、逃げたら??って思います。

巨大生物も、動作がなんとなく可愛い上に、それほど巨大でもありません。もっと巨大になる作品は、いくらでもあります。

最終的には地球規模の話になるし、もう何がなんやら。モンスターパニックものですらなく、セリフも若干理解しがたいものもあって、すごく笑える映画でした。

笑える映画ではあるのですが、これはレンタルをオススメしません。レンタルしたら、完全に、


((o(>皿<)o)) キィィィ!!

ってなる事、請け合いです。

この映画は、パーティーで友達数人で集まって、笑いながら、みんなで突っ込むのが正しい鑑賞の仕方です。

レンタルして一人で見たら本当に


((o(>皿<)o)) キィィィ!!


です。はい。

この映画の良い点を探そうと思うんですが……出てこない……CGで描かれている巨大生物が可愛いところ、かな??

さすがに、私でも、この映画に良い評価を見出す事ができなかった……。

この記事がイイネ!と思ったら下のブログランキングボタンをクリックして頂けると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ





style="display:inline-block;width:468px;height:60px"
data-ad-client="ca-pub-9292152580214615"
data-ad-slot="1111644119">