ブログネタ
稲川淳二さんの話 に参加中!
どーも、四十郎のおっさん999です。

例年、この時期になるとやってくるのは、そう!

稲川淳二さん!

という訳で、今年も「怪談ナイト」に行ってきました。



inagawa-kaidan_2018_1


今年は土曜日におかんと妹が、日曜日はわたしと弟が参戦しました。

大阪は、森ノ宮ピロティーホールが会場となります。

相変わらずグッズ販売は長蛇の列なので、そこはスルーするんですが、いつも後悔するんですけどね。あぁ、買っておけば良かったってね。

そんな訳で、例年参加している「稲川淳二の怪談ナイト」の2018年の感想を、なんとなく書いていくよ!




スポンサーリンク




inagawa-kaidan_2018_3


さてさて、2016年、2017年も参加しておりまして、それ以前からもずっと参加している「怪談ナイト」。

毎年、美術セットが素晴らしく、とても凝ったものになっていて、いつも圧倒されてしまいます。

今年の舞台セットは、今までとは、また趣きの違うセットで、これはこれで良かったって感じ。

席は、今回は少しだけ真ん中からはずれまして、ちょっと端っこって感じでした。




稲川淳二さんが登場すると、いつもの「淳ちゃん!!」コールの嵐。

これだけで、3〜5分くらい時間が費やされます。

でも、これが怪談ナイトでございます。




今回の怪談は、話数そのものは、今までで一番少なかったです。

けれど、シンプルな怪談から始まり、心温まる怪談、そして、『残穢』を彷彿とさせるような連続したエピソードと、聞き応えのあるお話ばかりでした。

特に最後の怪談については、稲川怪談の本質に触れる事ができたような気がしました。




怪談というのはパズルのピースのようなもので、お話として完成するまでに時間がかかったり、思わぬところで繋がったりするらしい。

そして、繋がっているような気がするのだけれど、ピースが足りない時もあるそうです。

今回、最後に語られた二つの怪談は、確かに繋がっている感じがします。

しかし、直線で繋がっているのかと言われると、どうもそうではなさそう。

もうひとつかふたつ、中間にエピソードが存在しているような気がしました。




今年も心地良い怪談を堪能致しました。

これで、また1年、頑張れるぜ!




それでは、今回は、この辺で。

しーゆー!




この記事がイイネ!と思ったら下のブログランキングボタンをクリックして頂けると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ



【関連記事】

「稲川淳二の怪談ナイト2016」に行ってきたよ!


稲川淳二さんの怪談ライブに行ってきました!


おっさんの運営ブログ

四十郎おっさんが綴る読書感想文まがい

次世代IMAXレーザーを楽しむ!

四十郎おっさんが綴る日常(アメブロ)


おっさん999とは?

おっさんのプロフィール


おっさん999へ連絡