ブログネタ
そうだ、お化け屋敷に行こう。 に参加中!
どーも、四十郎のおっさんです。

というわけで、7月20日の金曜日に、ひらパーことひらかたパークへ遊びに行きました。

当初は、わたしと奥さんの2人で昼のお化け屋敷「ダークピエロの隠れ家」と、夜のお化け屋敷「呪われた夜の遊園地 笑うキラーピエロ」を体験しようと考えていました。

けど、わたしの妹が緊急参戦できるようになり、昼も夜も、思う存分に楽しめる1日になりましたよっと。




ちなみに、2017年のお化け屋敷「呪い着ぐるみギギ」の感想は↓





2018年のお化け屋敷は、ピエロを題材にしたものになっておりまして、今年もお化け屋敷プロデューサーである五味弘文さんが参加しております。

昨年は残念ながら、夜の遊園地には参加できませんでしたけど、今回はチケットもゲットし、準備万端でございます。

というわけで、今回は夜のひらパーお化け屋敷である「呪われた夜の遊園地 笑うキラーピエロ」の感想を書いていくんだぜ?

ちなみに、ネタバレはしないので、ご安心ください。




スポンサーリンク





killer-pierrot01



あらすじ



この遊園地には、夜になると恐ろしいピエロが徘徊すると言われています。

いつしか、キラーピエロと呼ばれるようになった彼は、夜な夜な、獲物を探し遊園地を歩いているのでした。

けれど、彼が本当に求めていたのは、家族の愛情。

どうか、このピエロが探している家族を見つけ出して、人の心を取り戻してあげてください。。。




感想

遊園地そのものをホラーメイズ化した今回の企画。

昨年のものは、どんな感じになっているのか、わかりませんけれど、今年の「笑うキラーピエロ」は、非常に満足度の高いものでした。

誰もいない、もしくは人の少ない夜の遊園地の異様さは、実際そこにいないと味わえない特別感があって、とても楽しかったですね。

夜の遊園地というものは、非常に不気味な雰囲気が漂い、そこそこの怖い感じが出ていて、おっさん的には、とてもグッドでございましたよ。




内容的には、幽霊やピエロがバンバンに登場する、前のめりなお化け屋敷ではなく、ビックリ系と雰囲気系の恐怖がバランスよく混在している、雰囲気ホラー映画好きには、どストライクなお化け屋敷でした。

なので、ガンガンお化けが脅かしに来るタイプのお化け屋敷が好みなら、ちょっと拍子抜けしちゃうかもしれないですね。




また、アプリを使用して、カードを集めるというミッションが課せられているため、存分にお化け屋敷を堪能できるか?と言われると、人によるかもしれません。

おっさんは、全部を体験できたわけではなかったのですが、それでも楽しめたのですけれどね。

有料チケット制なのに、すべてを体験できないという経験は、結構衝撃的で、しかし、ガンガン攻めていて好印象です。




注意したい点

さて、ここからは「呪われた夜の遊園地 笑うキラーピエロ」を体験するにあたり、注意しておきたい点を書きたいと思います。

おっさんが体験したのは、初日の一番最初の時間だったので、完成されているわけではありませんでした。

これから、じょじょに改善されていく事でしょう。

ですので、これから書く注意点が改善されていて、無問題になっているかもしれませぬ。




60分は意外と短い

さて、体験時間は1時間。

その間に指定されたカードを数枚回収するのが、ミッションとなります。

で。

簡単だと侮っていたのですが、運が良ければ、普通にクリアできるのですが、今回のおっさんのように、一度泥沼にはまってしまうと、クリアする事が難しくなります。

実は、トントン拍子にカードを見つけるチームがいれば、一向に自分が集めるべきカードを見つける事ができないチームもいます。

わたしは後者の方で、ガンガンにカードを回収しているにも関わらず、なかなか回収しないといけないカードと巡り会えないという罠に陥りました。

それで、この罠にはまってしまうと、60分というのは、意外と短いと感じる事になります。

油断する事なく、最初から全力で挑戦する事をオススメします。




対象外カードも集める

目当てのカードの他にも、回収しなくても良いカードというのが存在するんですが、そういうカードを回収せずにいると、マップ上に、いつまでも表示されるので、面倒です。

最初のうちは良いですけれど、時間が迫っている時には、「あれ、このポイントって何だっけ??」となり、タイムロスが生じる可能性があります。

無理に回収する必要はないのですけど、通り道にあるのであれば、とりあえず回収した方が得策です。




×マークのついたカードは入手不可

おっさんは、これで完全に詰んだ訳ですが、ポイントによっては、スマホにピエロが登場して、ピエロを追い返さないといけない場面があります。

その時、おそらくスマホの機種にもよるのだと思いますが、ピエロがなかなか登場しない時があります。

その時、「あれ??アプリのバグ??」って事で、画面を閉じてしまうと、その時点で試合終了となります。

つまり、ピエロを追いかえせなかったという事で、そのポイントのカードが入手できなくなるのです。

この点は、一番気をつけないといけない点で、1枚でも、自分の集めるべきカードでこの状況になった際は・・・お察しください。




階段に注意

最初のアナウンスでもありますが、園内はとても暗いです。

もちろん、明るいところもありますが、夜ですし、ライトもあまり点いていないので、走り回ると、非常に危険です。

階段は、特に注意が必要で、スロープだと思っていると、実は階段だったという事もあり得ます。

普段の営業に比べると、事故が起きやすい状況ではありますので、走り回ったりしないように、気をつけてください。




ひらパーは意外と広い

60分意外と短いという点と絡んでくるんですが、昼間に遊んでいると、ひらパーって小さいよねっていう印象があるんですね。

一回りはすぐにできてしまう。

なので、狭いから楽勝だろう・・・なんて思っていると、失敗します。

ひらパー、意外と広いんでね。

普通に方向とかわかる人がいれば問題ありません。

けれど、方向について苦手意識のある方は、迷う可能性が高く、ひらパーの広さを再認識させられる事となります。




なにかあったらマントの人に尋ねよう

あと、わからない事があれば、黒いマントを羽織っている方に訊いてみてください。

この方々は、怪我や事故のないように、またゲームについて案内して頂ける方たちなので、わからなければ、とりあえず訊いてみましょう。

ちなみに、答えとか聞いてもダメですからね、念のため。

もちろん、教えてはくれませぬ。




まとめ

夜の遊園地は、思っていたものとは、ちょっと違いましたけれど、ミッション型のメイズとホラーメイズを融合させたような、他のテーマパークでは味わえないユニークなものでございました。

昼のお化け屋敷とストーリーが、きっちり連動している訳ではないので、そちらを未体験でも、十分に楽しめるものとなっております。

完全予約制なので、2018念のため7月24日時点でチケットが残っているのかどうか、不明ですが、興味のある方は、とりあえず調べてみる事をオススメ致します。

来年もぜひ開催して欲しいですねぇ。

その時は、おっさん、また参加しますぜ。




という事で、今回はひらパーの夜のお化け屋敷の感想でした。

しーゆー!




2018年7月25日追記

ひるのお化け屋敷「ダークピエロの隠れ家」の感想を書いたよ!!


この記事がイイネ!と思ったら下のブログランキングボタンをクリックして頂けると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ



【関連記事】

ひらかたパークで可愛い動物たちに会ってきたよ!


おっさんの運営ブログ

四十郎おっさんが綴る読書感想文まがい

次世代IMAXレーザーを楽しむ!

四十郎おっさんが綴る日常
fukushi-1981_ameblo

おっさん999とは?

おっさんのプロフィール


おっさん999へ連絡