ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
どーも、四十郎のおっさんです。

ってな訳で、かなり無茶苦茶な展開が観客を襲う『GODZILLA 決戦機動増殖都市』なんですが、なんともいえない妙な味のある映画なんですよね。

見終わった後は、「うーむ、なんじゃいな、こりゃ?」って感じですが、余韻がずっと残る作品で、この感覚は『シン・ゴジラ』に近しいものを感じております。

まぁ、あくまで、わたしの感覚なんですけどね。

そんなこんなで、今回は『GODZILLA 決戦機動増殖都市』の
ネタバレあり感想を書いていくんだぜ?

未見の方は、今回の感想はスルーしてください。




godzilla-anime2_2




スポンサーリンク




ネタバレなし感想

クセがありすぎるんじゃあ!『GODZILLA 決戦機動増殖都市』のネタバレなし感想


ネタバレあり感想

本作の終盤において、「怪獣とは何か?」という疑問が観客に投げかけられます。

これは一作目の『ゴジラ』に通じるものと感じました。

『ゴジラ』という怪物を生み出した人類は、一体なんなのか。

最初の『ゴジラ』は、そんな事を観客に投げかけているように思うのです。




そして、本作では、もっとダイレクトに観客に詰め寄ります。

ビオランテの出現から始まった怪獣群とゴジラの出現は、人類が地球を疲弊させた事が原因だと、作中で示されています。

この時点で、人類も怪獣の一種なのではないかと、わたしは考えたのですが、本作では、さらに考えを発展させ、ゴジラという怪獣を倒す者もまた、怪獣であるという事が観客に示されるのですね。

ゴジラという圧倒的な存在に打ち勝つには、自身も怪獣にならなければならない。

それが虚淵流に描写されていて、かなり新鮮でした。





人類を含め、怪獣を生み出した惑星人たちは、惑星人であろうとしたため、怪獣たちに敗れたのだという物語を、怪獣映画で描写したのは、結構衝撃的でしたね。

アニメやゲーム、特撮ヒーローものでは、よくある展開なんですけど。





それにしても、この映画、正直、気持ちの良い展開ではありません。

特に個人的に好きだった花澤香菜さん演じるヒロインが、メカゴジラに侵食され、絶叫する様子は、見るに耐えないもので、本当に勘弁して欲しかった。

けれど、だからこそ、『シン・ゴジラ』とは違ったベクトルから、怪獣という存在を身近に感じる事ができた印象です。




レビューや評価

相変わらず発想と話の膨らませ方は上手いよね、虚淵さん。

ゴジラのスピンオフということはわかるが、ゴジラである必要がまったくなく、それが足かせとなっている。

いろいろいじってても、お約束は守ってますね。


YAHOO!JAPAN映画『GODZILLA 決戦機動増殖都市』




今回のネタバレあり感想のまとめ

今回は確実に否定的な意見が多いでしょうねぇ。

個人的には前作よりも好きですけどね。

序破急の、まさに「破」といった怒涛の展開でございました。

主要メンバーがいない状態で、果たしてゴジラに勝てるのか?

そして、ギドラが登場する時、モスラは現れてくれるのか?

色んな妄想空想を巡らせながら、11月公開の最終章を楽しみに待っております。




という事で、『GODZILLA 決戦機動増殖都市』のネタバレあり感想でした。

それでは、しーゆー!!




この記事がイイネ!と思ったら下のブログランキングボタンをクリックして頂けると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ



【関連記事】

『GODZILLA 怪獣惑星』のネタバレあり感想:圧倒的存在感のゴジラを堪能せよ。

おっさんの運営ブログ

四十郎おっさんが綴る読書感想文まがい

次世代IMAXレーザーを楽しむ!

四十郎おっさんが綴る日常
fukushi-1981_ameblo

おっさん999とは?

おっさんのプロフィール


おっさん999へ連絡