ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
子供が消える町に、"それ"は現れる。



今回ご紹介する映画:『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』
原題:『IT』
製作:2017年アメリカ
日本公開日:2017年11月3日
上映時間:2時間15分
オススメ度:★★★☆☆(三ツ星)




『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』予告編動画





『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のあらすじ

ある田舎町で奇妙な事件が続発していた。それは児童が行方不明になるというものであった。

吃音の少年ビルの弟は、雨の日に出かけて、そのまま行方知れずとなってしまった。ビルの心には深い後悔が刻まれてしまう。

ほどなくして、ビルとビルの仲間たちは、神出鬼没に現れる謎の存在ペニー・ワイズと遭遇。ペニー・ワイズこそが、子供を誘拐している犯人だと察知したビルは、ペニー・ワイズに戦いを挑むのだった。



スポンサーリンク




遂に11月に公開された『IT』。わたしは、1990年に映像化されたものを鑑賞した事がありまして、色々と思い出があります。

当時は『IT』をレンタルするために、朝から晩まで、ずっとレンタルビデオショップで待っていました。おっさんの近所のレンタルショップには、前後編セットがひとつしかなくて、なかなかレンタルできませんでした。

1990年に製作された『IT』は、いわゆるテレビ映画で、日本では、今でいうところのDVDスルー扱いでした。だからこそ、映画好きしか知らない隠れた傑作として、昨今、紹介されますね。

その1990年版『IT』は、はっきりいって、パーフェクトな出来栄えだったんですよ。だからこそ、最近まで再映像化の話すらなかったくらい。

しかし、満を持して、ついに映画化する!という事で、オリジナルを越えるアイデアがあるのかな?って、かなり期待しておりました。一体、どのような感じに仕上げたのか。

今回は『IT』のネタバレなし感想を書いていくんだぜ?

それにしても、なぜ、変な副題を付けたのかしら?




今回利用した映画館

TOHOシネマズなんば



『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のスタッフとキャスト

監督・脚本:アンディ・ムスキエティ
製作:ロイ・リー、ダン・リン、セス・グレアム=スミス、デヴィッド・カッツェンバーグ、バルバラ・ムスキエティ
脚本:チェイス・パーマー、キャリー・フクナガ、ゲイリー・ドーベルマン
原作:スティーヴン・キング
撮影:チョン・ジョンフン
美術:クロード・パレ
編集:ジェイソン・バランタイン
衣装:ジェイニー・ブライアント
音楽:ベンジャミン・ウォルフィッシュ


役名:出演者
ビル・デンブロウ:ジェイデン・リーバハー
ペニーワイズ:ビル・スカルスガルド
リッチー・トージア:フィン・ウォルフハード
ベバリー・マーシュ:ソフィア・リリス
ベン・ハンスコム:ジェレミー・レイ・テイラー
スタンリー・ユーリス:ワイアット・オレフ
マイク・ハンロン:チョーズン・ジェイコブズ
ヘンリー・バワーズ:ニコラス・ハミルトン
ジョージー・デンブロウ:ジャクソン・ロバート・スコット




IT_2017



『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の感想

オリジナル版に比べ、ビジュアル的な怖さのレベルが、グッとあがり、なかなかに怖い映像が楽しめます。しかしながら、オリジナル版に比べ、心理的なホラー要素がなくなってしまい、結果的に恐怖の度合いは弱くなってしまいました。

おっさんは、スティーブン・キングの本は読みにくくて、本作も読んでいないのですが、オリジナル版はとても良くできていたのに対し、今回の映画はオリジナル版の良かった部分がほぼ消えてしまい、とても残念です。

オリジナル版には及ばないですけど、まぁまぁ面白い作品。

ホラー映画好きなら、チェックしてみても良いのでは?って感じですかね。




『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の良いところ

最初にビックリしたのが、アメリカ映画では割りとタブーになっているはずの子どもに対する残虐なシーンがあるという点。主人公の弟が襲われるファーストシーンでは、非常にドキドキしました。かなりぶっこんできたなって印象。

このシーンがあることにより、ペニー・ワイズというキャラクターに対する憎悪が映画の最初であるにも関わらず、MAX状態になったのは、作品としては良かった。この恐怖の度合いはオリジナル版よりも上ですね。

また、オリジナル版同様に、ジュブナイル的要素もちゃんと存在していて、ちゃんとティーンズ映画としてもきちんと成立しておりました。『IT』の前編では、この要素がないとお話にならないため、ほっと胸を撫で下ろしました。




『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の悪いところ

オリジナル版が非常に上手くアレンジしていたために、今回の『IT』はストレートに映像化しすぎという印象。そのため、オリジナル版に比べて面白さが減り、またとても助長に感じてしまった感がどうしても拭えません。オリジナル版とは違う事をしようとした心意気は良かったですが、若干、空回り気味という感じでしょうか。

また、心理的な恐怖をメインに据えたオリジナル版とは異なり、本作はビジュアル的なホラーをメインに据えているんですね。確かに視覚的恐怖はオリジナル版よりも上ですし、わかりやすい恐怖ではあります。

しかし、オリジナル版が持っていた独特の不気味さや心地悪さみたいな、ねっとりした嫌な感じが本作では消えてしまったのは残念。この部分は好みによりますけどね。




『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のまとめ

先ほども書きましたが、ホラー映画が好きであれば、鑑賞しても損はないかなって感じの映画です。話のネタには、十分できますから。

一方で、おっさんのように、オリジナル版を知っている人には、強くオススメできない作品です。あまり期待しないで鑑賞した方がいいですね。




という事で、今回は『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のネタバレなし感想でした。

それでは、今日はこの辺で。

しーゆー!




『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』ネタバレあり感想

オリジナル版には勝てなかった。無念!




この記事がイイネ!と思ったら下のブログランキングボタンをクリックして頂けると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ




★1990年に映像化された名作にして傑作。


★原作本。全4巻。




【関連記事】

『イット・フォローズ』の感想 新しい恐怖を描く新鮮なジュブナイルホラー映画