ブログネタ
そうだ、USJに行こう。 に参加中!
昨日、お昼から父親とユニバーサルスタジオジャパンへ遊びに行ってきました。

IMG_0355-EFFECTS

父が今年のハロウィンホラーナイトをとても気に入り、年間パスを購入するという事で同行しました。

私が年間パスをすでに持っているし今月誕生月なので窓口でワンデイパスを買う時に少し安くなるのです。



11時頃から雨がちらほら降り始めて、来場者数はかなり少ないんじゃね?って期待して行きました。

確かに人は少ないですが、雨の日にしては十分多いです。とりあえずレストランなど屋内で食事がとれたり休憩できる場所が常に満席状態ぐらいには人がいました。

雨が降っているのにジェットコースターを乗っている人を見ると、ほとんどの人が、ノー雨合羽でした。すげーな。



スポンサーリンク




さて、雨の日の平日にUSJに来たのは初めてでした。

そのため、悪天候状態で遊びに行った今回、新たに気づいた事がありました。

今日はそれを書きたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

……といっても、ベテラン勢は当たり前の事がほとんどのようです。



傘は長傘ではなく、折り畳み傘のしっかりしたものを使うべし。


長傘はパーク内に入ると邪魔になるし通行の際にとても危険です。

何度か目を突かれそうになりました。あやうく隻眼になるところでしたぜ。

ですので長傘は、USJの中で使用するのはオススメしません。

長傘はパーク内のロッカーには入りませんし、そもそも、パーク内ロッカーは少ロッカーと中ロッカーしかありません。

パーク外にある大ロッカーには入るかもしれないですが、確認はしておりません。

という事で、USJまでの道中は折り畳み傘を使用して、パーク内では折り畳み傘を専用のバッグに入れて持つ、もしくはお金がかかるけどロッカーに入れるという方法がオススメです。

最近、激しい雨が多いので、できれば安いものではなく、そこそこ良質な折り畳み傘が良いと思います。



パーク内は動きやすいように雨合羽(レインコート)かポンチョを活用すべし。

必要最小限の荷物におさえ、両手が使用できるレインコートかポンチョがオススメです。

動きやすいし、傘みたいに他人に危害を加える心配もありません。

年間パスを購入している強者どもはポンチョを大活用しています。

ちなみにアトラクションによっては、雨合羽・ポンチョを脱がないといけません。

そこで水に濡れても良い安物のバッグを用意。

その中に吸水性の高いタオルを数枚入れておいて、そこに合羽・ポンチョを収納すればOK。

パークまでの道中に使用する折り畳み傘をロッカーに預けない場合はこのバッグの中に入れておいても良いと思います。

パーク内で販売されているポンチョは大人用が1700円です。

数種類ありますので思い出という事で価格は高めですが、購入しても良いかもしれませんね。

材質も良いものなので、私は普段使いも考慮して、派手なスパイダーマンのポンチョを購入しました。

「普段使いでけへんくらい派手やな」とは父親談。



雨の日のジュラシックパークは最強なので絶対に乗るべし。

夕方、ジュラシックパークに乗りました。

ジュラシックパークは急流すべりタイプのアトラクション。

もう何度も乗っているので勝手もわかっています。

しかし完全に油断していました。

雨のせいで水位があがっているという事を。

そもそも雨の日にアトラクションに乗る事が今までなかった……というよりパークへ遊びに来る事がなかったので深く考えていませんでした。

結果、アトラクションに乗った全員がずぶ濡れになるという、とんでもない事態に。

ありえない、16人全員が等しく頭から水をかぶりましたから。

通常時であれば、水を被るポジションは決まっていますが、初めてジュラシックパークの本気を見せつけられた気分です。

雨の日は、ぜひジュラシックパークにチャレンジしてみてください。

そして、ずぶ濡れになってください。テンションあがりますよ。

でも風邪には気を付けてね☆

夕方に乗ったからこその結果だったのかもしれないので、思い切り濡れたいなら、夕方以降が良いかもしれないです。



まとめ

いかがでしたでしょうか?

雨の日でも、ユニバーサルスタジオジャパンには、人が結構いるんだなと今回勉強になりました。

今回学んだ事を踏まえて、次回の雨USJにリベンジしたいと思います。

普段とは違う、アトラクションの楽しみができたので、とても良かった。

けれど遠方の方は、やっぱり晴れか曇りの日に遊びに行く方が良いですけどね。

私が病み上がりという事とジュラシックパークで予想外に濡れたので、夕方五時半にUSJをあとにしました。

次回はクリスマス関係のイベントを楽しみたいですね。



この記事がイイネ!と思ったら下のブログランキングボタンをクリックして頂けると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ